2021年 10月 28日 (木)

立憲枝野氏、与党は野党の政策「全然パクれてない」 岸田新総裁が訴える「再分配」との違いとは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   自民党の岸田文雄新総裁は総裁選の公約で「新自由主義からの転換」を掲げ、「令和版所得倍増」の一環として「中間層復活」を訴えた。これらの政策は、一見すると野党が訴えている政策と似ており、2021年10月1日に行われた立憲民主党の枝野幸男代表の記者会見では、「野党の政策を与党がパクる」状況について見解を問う声も出た。

   枝野氏いわく、「全然パクれてないでしょう」。「再分配」を掲げる枝野氏と岸田氏の政策は、どこが違うのか。

  • 記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。この日はエネルギー分野の公約を発表した
    記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。この日はエネルギー分野の公約を発表した
  • 記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表。この日はエネルギー分野の公約を発表した

「野党の政策を取り入れる自民党おなじみのテンプレート」

   再分配を強調する岸田氏の政策をめぐっては、米ニューヨーク・タイムズ紙が

「野党が最初に打ち出した政策を取り入れることに長けている、自民党のおなじみのテンプレートに従っている」

と9月29日付け(米東部時間)の記事で論評している。枝野氏の会見では、記者が記事を引用しながら

「野党の政策を与党がパクる、というのは海外から見てもおなじみの光景」

だとして、「野党の政策を与党がパクる」ことに対する見解を尋ねる質問が出た。

   枝野氏は次のように話し、岸田氏の政策は立憲の立場とは似て非なるものだと主張した。

「全然パクれてないでしょう。言葉遣いを、ちょっと似たような言葉を使っているだけ。一番の根本はアベノミクスを否定できないということは、経済運営は何も変わらない。これは間違いだった、少なくとも効果を呼ばなかった、という前提に立って始めて、何を変えるのかということがはっきりするので、アベノミクスを前提にしながら何をやっても、基本は変わらない、ということだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中