2021年 12月 6日 (月)

コスプレ文化にもマッチ...バズるジョージアの民族衣装「チョハ」とは? デザインのルーツを紐解く

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アジアとヨーロッパの境目、黒海沿岸の国ジョージアは、日本のネットユーザーからちょっと変わった点で注目される国だ。ジョージアの民族衣装が、まるでSF映画のように格好いいと、定期的にネットユーザーの視線を浴びるのである。

   これは「チョハ」と言う民族衣装で、ジョージアの文化に根ざす民族衣装として現代のジョージア国民にも親しまれている。自らもチョハを着こなすティムラズ・レジャバ駐日臨時大使やジョージア本国への取材でルーツを探った。

  • チョハを自ら着用するティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時大使
    チョハを自ら着用するティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時大使
  • チョハを自ら着用するティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時大使

令和の即位礼でも注目

   ジョージアは1991年4月に旧ソ連より独立を宣言。黒海とカスピ海に挟まれ、北に行けばロシア、南下すればトルコ・イランに通じるこの地は1000年以上にわたって多くの民族が行き交い興亡を繰り広げ、近代には帝政ロシアそしてソ連の統治下にあった。

   ティムラズ・レジャバ駐日臨時大使はこう話す。

「ジョージアは歴史上戦乱に多く見舞われた地でもありました。そのため、戦いに備えた民族の伝統がチョハに反映されています。胸の装飾はかつては銃の弾薬を携帯するためのもので、ベルトには剣を吊るしていました。靴は長靴を合わせるのが正装ですが、いずれも騎馬民族の名残です。現在ジョージアでは伝統を受け継いだ民族舞踊や、祝祭などハレの場で着用されています」
ジョージア名産のワインとともに
ジョージア名産のワインとともに
黒地のチョハはSF映画に出てきても違和感がない
黒地のチョハはSF映画に出てきても違和感がない

   特徴的な胸の装飾は「ガズィリ」といい、大使の言うようにかつては銃の弾薬を携帯するために付けられていたとされる。ジョージアの歴史に根ざす独特のデザインは、日本ではマンガ・アニメ・ゲームのファンに人気だ。2019年10月22日の天皇陛下の即位礼正殿の儀ではレジャバ臨時大使がチョハを着用して参列、この時も話題となった。このような日本での反響の多さは、レジャバ臨時大使にとっても意外だった。

「チョハを着てみたい!と思ってくれる人がこれだけいるのも日本だけだと思います。コスプレの文化もありますし、着てみて違う人になってみたい!という文化が定着しているようです。日常と違う装いになってみることで異世界・異文化を感じたい、そのような想像力を日本の皆さんは持っているようです」
「ガズィリ」のつくり
「ガズィリ」のつくり

   温暖な気候のジョージアの名産はレジャバ臨時大使もアピールするワインだが、チョハも日本人の間で徐々に認知されつつある。大使館では日本人向けにチョハの貸し出しを行っており、事前連絡で遠方にも貸し出せるとのことだ。

チョハなどのジョージアの民族衣装は着用体験もできる
チョハなどのジョージアの民族衣装は着用体験もできる
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中