2022年 5月 28日 (土)

AKB48、4年ぶり「組閣」で印象づけた世代交代 苦難のコロナ禍で打ち出す「秘策」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   AKB48が2021年12月8日、東京・秋葉原のAKB48劇場でのデビューから丸16年を迎え、「AKB48劇場16周年特別記念公演」を開いた。緊急事態宣言の発出でコンサートや劇場公演の中止を余儀なくされ、メンバーも相次いで新型コロナウイルスに感染するなど、AKB48にとってもコロナ禍に翻弄(ほんろう)された1年だった。

   9月には1年半ぶりになる新曲「根も葉もRumor」を発売。AKB48のメンバーのみが担当し、08年から続いてきた姉妹グループメンバーを交える方式を改めた。16周年の節目では「組閣」と呼ばれるチーム間の人事異動と新メンバーの募集が久々に行われることや、「カップリングリクエストアワー」と呼ばれる新たな形式のコンサートの開催が発表された。現時点では感染者数が少なく抑えられ、新たな取り組みが続く22年になりそうだ。

  • AKB48劇場の柱のテープは年に1本増やされる。「AKB48劇場16周年特別記念公演」では、総監督の向井地美音さんが16本目のテープを貼り付けた(c)AKB48
    AKB48劇場の柱のテープは年に1本増やされる。「AKB48劇場16周年特別記念公演」では、総監督の向井地美音さんが16本目のテープを貼り付けた(c)AKB48
  • 「組閣」と呼ばれる人事異動では4人にキャプテンも入れ替わる。2人は16期生から抜擢された。左から向井地美音さん(チームA)、田口愛佳さん(チームK)、浅井七海さん(チームB)、倉野尾成美さん(チーム4)(c)AKB48
    「組閣」と呼ばれる人事異動では4人にキャプテンも入れ替わる。2人は16期生から抜擢された。左から向井地美音さん(チームA)、田口愛佳さん(チームK)、浅井七海さん(チームB)、倉野尾成美さん(チーム4)(c)AKB48
  • AKB48劇場の柱のテープは年に1本増やされる。「AKB48劇場16周年特別記念公演」では、総監督の向井地美音さんが16本目のテープを貼り付けた(c)AKB48
  • 「組閣」と呼ばれる人事異動では4人にキャプテンも入れ替わる。2人は16期生から抜擢された。左から向井地美音さん(チームA)、田口愛佳さん(チームK)、浅井七海さん(チームB)、倉野尾成美さん(チーム4)(c)AKB48

16期生から抜擢の新キャプテン「『若いからこそいいね!』と言われるチームに」

   記念公演で発表されたのは、大きく(1)16年以来5年ぶりのオーディション(2)17年以来4年ぶりの「組閣」(3)22年2月のコンサート、の3つ。(2)では4つあるチームのキャプテン全員の交代が決まった。2人は、「ドラフト3期生」(18年デビュー)の次に年次が若い16期生(16年デビュー)から起用し、世代交代を印象づけた。「チームK」キャプテンに決まった田口愛佳(たぐち・まなか)さん(17)と「チームB」浅井七海(あさい・ななみ)さん(21)は、終演後に出したコメントで

「若手だから・年齢が若いから『この子ダメだね』ってならないように、『若いからこそいいね!』と言われるチームにしていきたいです」(田口さん)
「メンバーと協力しながら、和気あいあいとした温かくて柔らかい感じのチームになっていけばいいなと思います」(浅井さん)

などと意気込んだ。

   (3)のコンサートは全3公演。「組閣」前後の体制で1公演ずつ行い、残る1公演は「AKB48カップリングリクエストアワー セットリストベスト30 2022」と題した取り組みだ。AKB48グループでは、楽曲を対象にファンが投票し、結果をランキング形式で発表する「リクエストアワー」と呼ばれる恒例のコンサートを20年1月まで毎年開いてきた。だが、20年はコロナ禍の影響などでコンサートの開催は見送られ、AKB48のメンバーが楽曲に投票し、自宅からパフォーマンスする「おうちでメンバーリクエストアワー2021」と題した企画が行われた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中