2022年 5月 24日 (火)

TBS「DCU」の台詞で「違う番組が頭に浮かんだ」 海中でスマホ発見、水面に出て放った一言が話題

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優の阿部寛さんが主演を務めるドラマ「DCU」(TBS系)第2話が2022年1月23日に放送され、ある人気バラエティ番組を彷彿とさせるセリフが話題になっている。

  • 「DCU」主演の阿部寛さん
    「DCU」主演の阿部寛さん
  • 第2話で登場した水中ドローン。TBSドラマ「DCU」公式インスタグラム(@dcu_japan)より
    第2話で登場した水中ドローン。TBSドラマ「DCU」公式インスタグラム(@dcu_japan)より
  • 「DCU」主演の阿部寛さん
  • 第2話で登場した水中ドローン。TBSドラマ「DCU」公式インスタグラム(@dcu_japan)より

水中ドローンでの捜索を提案

   水中事件や事故の捜査を行う架空のスペシャリスト集団「DCU(Deep Crime Unit)」の活躍を描いた本作。阿部さんは、不愛想だがルールを無視してでも必ず真実を突き詰めるまで諦めない隊長・新名正義を演じている。

   第2話では、密漁者と戦う地元漁師のリーダーの男性が、変死体となって港で発見される。男性の元で学んでいた見習いの外国人男性・サンチェス(フェルナンデス直行さん)が被疑者としてあがるが、本人は容疑を否認。男性のスマートフォンがあれば自分の容疑が晴れるはずだと主張するが、地元の刑事・坂東(梶原善さん)による捜査の結果、サンチェスの周囲から犯行に使用されたと思われる凶器が発見され、彼の身柄は検察へ引き渡されることになった。

   そんななか新名は、事件当日は「半月の小潮」と呼ばれる、月と太陽の関係で波が穏やかになっていた日であることに気が付き、殺害現場近くの水中にスマホが残されていると推察。しかしこの日の海は大荒れで、潜るのは危険...。諦めかけたそのとき、新名は水中ドローンでの捜索を提案する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中