2022年 5月 22日 (日)

センバツ・近江「HOTLIMIT」演奏が大盛り上がり 西川貴教「最高でした!」地元企業らも続々反応

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   センバツ高校野球大会の準決勝で、近江高校の吹奏楽部が、地元・滋賀県出身の歌手、西川貴教さん(51)の大ヒット曲「HOTLIMIT」を応援中に急きょ披露した。

   地元のバスケットボールチームや大手スーパーもツイッターで反応し、盛り上がりを見せている。

  • 応援席での吹奏楽部の演奏が話題に
    応援席での吹奏楽部の演奏が話題に
  • 応援席での吹奏楽部の演奏が話題に

西川さん「ブラスバンドで聴く『HOT LIMIT』最高」

   お馴染みのHOTLIMITを吹奏楽部のメンバーが演奏し始めると、スタンドから手拍子が沸き起こる。

   応援に参加したスタンドの野球部員も、グローブを持った手を頭の上から回して、手拍子の音頭を取る。近江高校の応援席が一体となった瞬間だ。

   埼玉県代表の浦和学院と2022年3月30日に準決勝で対戦した近江は、主将で4番の山田陽翔(はると)投手が打席に入ると、HOTLIMITがいきなり流れた。その後も、山田投手が打席に入るたびに流れ、応援席は盛り上がった。

   西川貴教さんは、近江がベスト4入りを決めた28日、「目指せ、決勝! 頑張れ、近江高校!」などと自らのツイッターで盛んにエールを送っていた。西川さんは、2008年に初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、野外音楽祭「イナズマロックフェス」を毎年滋賀県で手がけている。

   これに対し、吹奏楽部の公式ツイッターも同日、「西川貴教さん! 応援ありがとうございます」とお礼の投稿をして、交流した。報道によると、吹奏楽部が西川さんの応援を知って、山田投手の打席でHOTLIMITを演奏しようと練習していたという。

   30日の準決勝では、山田投手が5回の打席で左足首に死球を受けるも、6回以降もマウンドに立ち、近江は、延長11回に8番・大橋大翔捕手のサヨナラ3ランで5-2と勝利を飾った。

   応援が実った形で、西川さんは、「やったーーー!延長サヨナラーーー!」とツイッターで喜びを爆発させ、「ブラスバンドで聴く『HOT LIMIT』最高でした!初の決勝、ここまで来たら目指せ優勝!皆さん、応援よろしくお願いします!」とエールを送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中