2023年 12月 11日 (月)

100年続く専門誌「土木技術」休刊へ アニメ、妖怪、恋...異色特集が話題も「毎月発行の維持が困難」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   専門出版社「理工図書」(東京都千代田区)は2022年9月28日、月刊誌『土木技術』を休刊すると発表した。

   創刊100年を数える土木・建築関係者向けの専門雑誌で、近年は新規読者の獲得のため「土木の視点から『転スラ』を読み解く」「『愛の不時着』にみる恋と土木」など、一般の人を意識した斬新な特集を組んでいた。

  • 理工図書ツイッターより
    理工図書ツイッターより
  • 理工図書ウェブサイトより
    理工図書ウェブサイトより
  • 理工図書ツイッターより
  • 理工図書ウェブサイトより

2017年に大転換

   『土木技術』は1922年、「土木界を縦横に貫くことをモットーとする」を編集方針に、土木建築雑誌『CIVIL ENGINEERING & ARCHITECTURE』として創刊した。

   媒体資料によれば、発行部数は8000部。読者の職種は公務員、建築会社、土木関連会社、コンサルタント、大学が中心だ。

   2017年には大転換があった。「社会と土木を結ぶ総合雑誌」を新たな理念に掲げ、土木技術者はもちろん、そうでない読者も意識した誌面作りを始める。当時、背景を「近年、情報科学技術の発達やニーズの多様化などを背景として、土木技術と他分野技術との垣根が取り払われつつあります(中略)技術者でない方にも日常生活において土木が支えている様々な形態を、お伝えする雑誌でありたいと考えております」と説明していた。

   それ以降、各号の特集名を「○○と土木」とした。例えば、お酒、戦国武将、オリンピック、旅、映画、人の心理、歌――と、土木と接点のない人でも興味を持ちやすい構成だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中