2024年 2月 27日 (火)

すき家店員、深夜の寒空で「接客練習」動画拡散しネット騒然 実は大会に向けた自主練、広報「頭が下がる思い」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   牛丼チェーン・すき家の札幌市内にある店舗で、雪が降っている深夜に、薄着の従業員が店外の駐車場で接客練習をしている様子を映した動画がSNS上で拡散し、物議をかもしている。

   同社広報担当は2022年11月28日、J-CASTニュースの取材に対し、「本人たちの申し出による自主的なもの」だと説明している。

  • すき家(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    すき家(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 店外の駐車場で接客練習をする「すき家」従業員(投稿者提供)
    店外の駐車場で接客練習をする「すき家」従業員(投稿者提供)
  • すき家(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 店外の駐車場で接客練習をする「すき家」従業員(投稿者提供)

「室内で設備の整った場所で行うべきなのではないか」

   発端となったのは、11月27日深夜に投稿されたツイートだった。投稿者は「接客大会とかあるのかな、こんな深夜に雪降ってんのに上着も着ないで感動する」などといった文章とともに、薄着姿の2人の従業員が、店外にある駐車場で配膳台を持って前に突き出すような動きを繰り返す様子を映した動画をツイートしていた。

   投稿者によれば、これは27日午前0時頃に撮影したものだという。当時の状況について「雪が降っていてダウンを着ないと震えるくらいの気温でした」と、取材に答えている。

「本当かどうかはわかりませんが、オペレーションの大会?みたいなのがあるらしく、それの訓練だと公式ではないが他のアカウントからDMがありました」

   投稿者は、「仮に訓練だとしてもあの環境の中で上着も着ずに深夜にわりと大きな声で割と住宅街近いし、それを行うのはどうなのかなと思いました」と心境を明かす。また「ちゃんと室内で設備の整った場所で行うべきなのではないかと思いました」とも述べた。

   しかし一方で、投稿者は「これが店の方針で全員批判なく頑張っているのなら応援している」ともコメントしている。

   この27日深夜のツイッター投稿は、他のツイッターユーザーに紹介されるなどSNS上で話題になり、動画を見たユーザーから「これはパワハラでは?」「これはアウト」などの批判が寄せられており、他には「これなにやってんの?」と疑問を呈する声も上がった。

   すき家広報担当は28日、こういった出来事があったことは事実だと認め、本人たちの申し出による自主的なものだったと説明した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中