2024年 2月 27日 (火)

舞いあがれ!脚本家交代は失敗だったのか メイン担当復帰で視聴者歓喜...「反省会タグ」も大幅減

    俳優の福原遥さんがヒロインを務める、NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」は2022年12月28日、年内の放送を終えた。

    航空学校編が終了した第12週以降、ツイッターでは「雰囲気また変わった」などと作風の変化を指摘する声が。「舞いあがれ反省会」というハッシュタグを用いた投稿の数も、航空学校編の放送時と比べて減少している。

   ※以下、ネタバレを含みます。

  •  NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより
    NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより
  •  NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」公式サイトより

「航空学校編」以前の脚本家が復帰

   同作は、ものづくりの町・東大阪市にある町工場で生まれたヒロイン・岩倉舞が、自然豊かな長崎の五島列島での暮らしを経て、周りの人と絆を深めながら空を駆ける夢に向かっていく物語。

   第8週「いざ、航空学校へ!」から第11週「笑顔のフライト」まででは、「航空学校編」と呼ばれるパイロットを目指す訓練の様子が放送された。訓練生の同期・柏木弘明(目黒蓮さん)とは恋仲に発展している。舞は航空会社に就職内定したものの、リーマンショックの影響で入社が1年遅れることになった。

   このころツイッターでは、コミカルなタッチで足早に進む展開や、キャラクター描写の変化を指摘する声が広がった。第7週まではメインライターの桑原亮⼦さんが脚本を担当していたが、航空学校編は嶋田うれ葉さんと佃良太さんが担当している。

   航空学校編が終了した第12週「翼を休める島」から年内最後の放送となった第13週「向かい風の中で」では、前半を担当した桑原さんの脚本に戻った。ツイッターでは、馴染んでいた物語冒頭の雰囲気に近いように感じるとして歓迎する声が広がっている。

「今週はなんか懐かしい柔らかさだなあと思ったら桑原亮子さん脚本でしたか」
「脚本家さんが桑原さんに戻ったからかちょっとした仕草ややり取りが凄く良くて...好きだなぁ」
「桑原さんだから安心して観ていられる」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中