2024年 3月 5日 (火)

井上尚弥は「過大評価されている」「普通の選手」 元王者ネリが挑発繰り返す背景

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの元世界2階級制覇ルイス・ネリ(メキシコ、28)が、元世界バンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)を挑発した。米スポーツ専門局「ESPN」(スペイン語WEB版)が2023年2月1日に報じた。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「時が経てばいずれ俺と対戦しなければ」

   WBC世界バンタム級、スーパーバンタム級を制したネリは王座陥落後もスーパーバンタム級にとどまり王座返り咲きを目指している。現在WBCスーパーバンタム級1位にランクされ、2月18日に同級2位アザト・ホバニシャン(アルメニア、34)とWBC世界スーパーバンタム級の挑戦者決定戦を行う。

   バンタム級時代から井上との対戦を熱望し、これまで再三にわたり挑発してきた。バンタム級では対戦が実現しなかったが、井上がスーパーバンタム級に階級を上げたことで再び同じ階級となり、自身の存在を猛アピールしている。

   ESPNによると、ネリは「ESPN KnockOut」のインタビューに応じ井上に言及した。

   ネリは「井上はパウンド・フォー・パウンド(階級を超えた最強ランキング)でベストではない」と主張し、「過大評価されているボクサーで、時が経てばいずれ俺と対戦しなければならないだろう」と言い放った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中