「高齢者は75歳から」学会が提言 今どきの「元気シニア」条件チェック

印刷

「美術・映画鑑賞」「トランプ現象」「ボランティア」

【新機器利用】(1)~(4)の合計で4点満点。
(1)携帯電話を使うことができますか。
(2)ATMを使うことができますか。
(3)ビデオやDVDプレーヤーの操作ができますか。
(4)携帯電話やパソコンのメールができますか。

【情報収集】(5)~(8)の合計で4点満点。
(5)外国のニュースや出来事に関心がありますか。
(6)健康に関する情報の信ぴょう性について判断できますか。
(7)美術品、映画、音楽を鑑賞することがありますか。
(8)教育・教養番組を視聴していますか。

【生活マネジメント】(9)~(12)の合計で4点満点。
(9)詐欺、ひったくり、空き巣等の被害にあわないように対策をしていますか。
(10)生活の中でちょっとした工夫をすることがありますか。
(11)病人の看病ができますか。
(12)孫や家族、知人の世話をしていますか。

【社会参加】(13)~(16)の合計で4点満点。
(13)地域のお祭りや行事などに参加していますか。
(14)町内会・自治会で活動していますか。
(15)自治会やグループ活動の世話役や役職を引き受けることができますか。
(16)奉仕活動やボランティア活動をしていますか。

   徳島県でも2011年に徳島大学の監修を受け、「徳島県高齢者元気度チェックシート」を作った。徳島県のウェブサイトによると、問いに対し「はい」(1点)か「いいえ」(0点)で答える(例外として2つの質問は逆)。これも、特に何点以下だと問題があるという意味はない。ちょうど6分野あるので、「定期的にチェックして、6角形のグラフに点数を記入し、全体のバランスが取れるように心がけるなど、健康管理に役立ててください」と同サイトで勧めている。以下に紹介すると――。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中