週2フライドポテト 食べない人に比べ早死リスク2倍に、イタリア研究報告

印刷

   ハンバーガーなどともに日本でもすっかり定着したフライドポテトだが、こうした油で揚げたジャガイモ料理の摂取量が多くなると、早死にするリスクが高まるとする研究報告が米国で発表された。

   特定の集団を追跡調査する、いわゆるコホート研究で集められたデータを解析したものだが、週2回以上食べていると、食べない人と比べてリスクは2倍になるという。

  • 油で揚げた方がおいしいんだけど…
    油で揚げた方がおいしいんだけど…

伊研究グループが米データ解析し発見

   この研究を行ったのは、イタリア・ブレシア大学医学のルイジ・フォンターナ博士(生物老年学)らのグループ。2017年6月7日付で、臨床栄養学の米学術誌「アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション」に、その結果を報告する論文を発表した。

   フォンターナ博士らの研究グループが使ったのは、米国立衛生研究所と企業により行われた、45~79歳の関節炎患者4440人を対象に8年間にわたり追跡調査。調査対象者からは、食事に関する詳細なアンケートやデータが集められており、研究でこれらを解析した。

   4440人のうち236人が8年間の追跡期間中に亡くなっている。

   研究グループは、調査対象者の週間のジャガイモ摂取をまとめ、さらに、ジャガイモが揚げたものか、別の調理法によるものかに分類した。

   そうした分析作業の結果から研究グループは、フライドポテトやポテトチップス、ハッシュブラウンズ(ゆでたジャガイモを小さくカットするかつぶして揚げたもの)など油で揚げたジャガイモ料理を毎週2、3回食べている人は、食べない人たちに比べると、早死にリスクが2倍になることを発見。3回以上食べる人のリスクはさらに高くなった。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中