「令和の音、聴いてみようか。」
4月27・28日、中野で「ヘッドフォン祭」を開催

    国内だけでなく海外のメーカーも含めたヘッドホン、イヤホン、ポータブルオーディオ機器が一堂に会する「春のヘッドフォン祭2019」が東京・中野サンプラザで開かれる。期間は2019年4月27・28日の2日間で入場は無料。

justear_20190411145015.jpg

    毎年、春と秋に開催する「ヘッドフォン祭」は08年4月からスタートしてから今回で23回目。200ブランド以上の製品が展示され、ポータブル系オーディオの新製品発表の場として内外から注目を集めている。初公開・初試聴可能となる製品も数多く出品される予定で、各社の新商品をいち早く体験できるのが魅力だ。
   会場には、「春のヘッドフォン祭」限定のカスタムイヤホン販売コーナーもある。ほかにも、普段は販売店での予約でのみ購入が可能なSONYのカスタムイヤホンJust earのオーダーや耳型採取ができるブースが設けられる予定。

    また、ポータブルオーディオ・ヘッドホンオーディオが大きく発展した平成最後の開催ということで、普段はなかなか話を聞くことができないメーカーの「中の人」が出演するトークイベントなど、さまざまな企画が用意されている。

    キャッチフレーズは新元号にちなんで「令和の音、聴いてみようか。」。いち早く最新の音を聴きに行こう!

    主催は中野ブロードウェイにあるオーディオ機器専門店「FUJIYA AVIC(フジヤエービック)」。


「春のヘッドフォン祭2019」開催概要
日時:4月27日(土)11:00~19:00、4月28日(日)10:30~18:00
会場:中野サンプラザ(東京都中野区中野4-1-1)
入場無料

URL:https://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php

製品について知りたい方はこちら LiSAモデル視聴可能