タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」菅田将暉、「LOVE」
「ギザギザな夢」の世代

   だからどう、ということではないのだが、普段、テレビドラマや映画を見ることはほとんどない。興味がないわけではなく拒否しているのでもない。音楽だけで手いっぱいでそこまでの時間がないに過ぎない。

   従って、「菅田将暉」という名前も2017年にCDデビューした時に知った。

   第一印象は「声」だった。

   渇いている。そして乾いている。明るいけれど能天気じゃない。何かに苛立っているようで、すがっているようにも聞こえる。甘さや感傷を拭い去るような意志がほとばしっているけれど幼さや「蒼さ」も残している。

   この若者は何だろう。

   それが最初だった。

「LOVE」(ERJ、初回生産限定盤、アマゾンサイトより)
「LOVE」(ERJ、初回生産限定盤、アマゾンサイトより)

米津玄師とコラボ

   とは云うものの、ドラマに縁のない人間にとって、彼に接する機会は多くない。「やっぱり」と思ったのは、同じ年に米津玄師とのコラボレーション曲「灰色と青(+菅田将暉)」が出た時だ。米津玄師が彼を選んだことへの納得、というか共感。「なるほど」であり「やっぱり」だった。

   「灰色と青」は、過ぎた日の追想ソングとしての傑作だと思う。もう戻れることのないこれまでの時間への距離感。米津玄師の湿り気のある哀歓と違う、菅田将暉の突き放したような思い切りと諦観。声にはその人の生きざまが出る。「無様」という言葉をこんなに凛として歌った男性シンガーはいただろうか、と思った。

   2019年7月、二枚目のアルバム「LOVE」が出た。一曲目には、やはり米津玄師がプロデュースして詞も曲も書いている「まちがいさがし」が入っている。

   まちがいと正解。もし、「まちがいさがし」をするとしたら、「間違い」の方に生まれてきたという感覚。それは米津玄師の曲にもずっと流れている「外れてしまった」という意識とつながっているだろう。

   アルバムを聴きながら、これは「世代」なのだろうか、と思った。

   菅田将暉は93年3月生まれ、米津玄師は91年3月生まれ。2年違いではあるが、二人には同じ何かが流れている。それは「灰色と青」で言えば「無様」であり「まちがいさがし」で言えば「間違い」ということになるだろう。決して自分が「正解」の側にいない。自分がいるのは「間違いだらけの些細な隙間」で「正しくありたい あれない寂しさ」に捕らわれている。

   「まちがいさがし」は、痛いくらいのラブソングだ。「君」と触れている時は「間違いか正解かだなんて」どうでもよくなれる。

   そうしたラブソングが自分を「正解」と思えない若者たちに共感を呼んでいる。

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら