タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」REBECCA、ふたつのライブ   
80年代の新鮮さ

   今、こんな風に狂おしいばかりにキュートなパフォーマンスをする女性アーティストがいるだろうか。

   2019年10月23日に発売されるREBECCAの89年の東京ドーム公演のライブ映像「BLOND SAURUS TOUR'89 in BIG EGG-Complete Edition」を見ながらそう思った。

Blu-ray「BLOND SAURUS TOUR'89 in BIG EGG-Complete Edition」(Sony Music Direct、アマゾンサイトより)
Blu-ray「BLOND SAURUS TOUR'89 in BIG EGG-Complete Edition」(Sony Music Direct、アマゾンサイトより)

ガールズバンドの先鞭をつける

   すでにこの欄では何度か書いているように、日本のポップミュージックは80年代を境に大きく変わった。一つはロックの大衆化、低年齢化である。70年代には長髪にジーンズの若者たちによるアンダーグラウンドな音楽と思われていたロックが普通の若者たちに親しまれるようになった。その頂点とも言える現象が80年代後半のバンドブームだった。

   猫も杓子もバンド、レコード会社はバンドなら何でもいいとでも思っているかのように片っ端からデビューさせていった。

   確かに、厳密に言えば、60年代のグループサウンズも最初のバンドブームではあった。

   ただ、バンドの認知度が違った。

   たとえば、最も人気のあったザ・タイガースは長髪が理由でNHKのオーディションは落とされている。エレキと長髪はご法度というのが当時の基準だった。70年代もそうだ。ロックバンドではないものの、オフコースという名前には"道を外れる"という意味がある。音楽を職業にすることは、まともな人生を捨てることとイコールだった。

   80年代後半のバンドブームはそういう例外的な若者たちによる現象ではなかった。バンドを組んで中学や高校の文化祭で演奏することが定着した。中には教師自ら音頭を取るという例も少なくなかった。

   更に特徴的なのは、それまでは客席で歓声を上げるだけだった女の子たちが「やる側」に回っていったことがある。"ガールズバンド"の登場。その先鞭をつけたのがREBECCAだった。

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら