タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」秦基博「コペルニクス」
「人は変わる」劇的なアルバム

   音楽の聴き方がCDから配信へと変わって行く中で何よりも気になってしまうのは"アルバム"という概念が希薄になっていることにある。一曲一曲単体だけでは味わうことのできない音楽の"作品性"。一曲目から最後の曲までそれぞれが意味を持ち一つのストーリーを作り出している。全体を通して聞いてこそ作者の意図が伝わってくるからだ。

   2019年12月11日に発売された秦基博の4年ぶり6枚目のアルバム「コペルニクス」は、まさにそういう聞きごたえのある作品だった。

「コペルニクス」(初回限定盤、ユニバーサルミュージック、アマゾンサイトより)
「コペルニクス」(初回限定盤、ユニバーサルミュージック、アマゾンサイトより)

「作る」というより「浮かんできた」ものを書く

   秦基博は2006年、シングル「シンクロ」でデビューしたシンガーソングライター。その時のキャッチフレーズは"鋼と硝子で出来た声"だ。鋼のようにざらついていて硝子のように壊れそうで儚い。すでに20代の半ばを過ぎていたデビューは決して時流に乗ったとは言い難かった。しかもスタイルは生ギターの弾き語りだ。デジタルなダンスミュージックが席巻するシーンの中では圧倒的に少数派。それでも様々な形でのライブを続ける中で聞き手を増やしていった。茶の間にブレイクしたのが2014年に出た映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」だったことは記憶に新しい。

   新作アルバム「コペルニクス」は、「ひまわりの約束」が収められた前作「青の光景」から丸4年ぶり。彼のキャリアの中では最も間隔が空いた。ただ、その間には、2016年の10周年での初の全国アリーナツアー、初の横浜スタジアム公演、更に初となったベストアルバム「ALL TIME BEST」は、これもシングル、アルバムを通して初めての一位を記録した。そんないくつもの"初体験"を記録した後に作られたアルバムがこれである。

   彼は筆者が担当しているFM NACK5「J-POP TALKIN'」(12月21日・28日放送予定)でアルバムの制作意図についてこう言った。

   「デビューしてからの10年は自分の想いをどんな風に音楽に出来るかをずっと模索していたんだと思います。でも、ベストや横浜スタジアムをやったことで作り上げたものや音楽の作り方を客観的に見ることが出来た。一回、壊してみてもいいのかなと思えた。締め切りも設けないで、"作る"というより"浮かんできた"ものを書くという作り方をしてみました」

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら