繰り返す「否定」で相手を支配する「モラルハラスメント」の恐怖

印刷

    職場の嫌がらせのうち、性的な要素を持つ「セクシャル・ハラスメント」や、職権を濫用して行う「パワー・ハラスメント」の問題点は、社会的に認知されつつある。しかし、その概念では捉えきれない「モラル・ハラスメント」が最近増えているという。明らかな暴力や暴言とは言えない、分かりにくく陰湿な攻撃である。

些細なきっかけで始まった「執拗な攻撃」

   K子さんは、事務職のチーフとして新しい職場に赴任した。ある日、ベテラン事務員のA美さんと、ちょっとした意見の対立から言い合いになった。その場は収まったものの、翌週からA美さんの攻撃が始まった。

   K子さんの提案に対して、A美さんは「違います」「それじゃダメです」と、強い調子でことごとく否定するようになった。しかし実際には、提案はひそかに上司に取り入れられ、A美さんの手柄になっているのだ。

   またA美さんは「チーフは何でこんなことしたんですか!」と非難したり、K子さんの説明に顔をしかめて首を傾げたり、大きなため息をついたりするようになった。視線も合わせず、K子さん以外の同僚を連れてランチに出かけた。そんなことが毎日続くうちに、K子さんは出勤前に憂鬱になり、吐き気を催すようになった。

   さらにA美さんは、社内のあちこちで噂を立てた。「K子さんは仕事ができない」「全体がぜんぜん見えていない」「チーフらしいことを何もしていない」などと吹聴。いつしかK子さんから笑顔が消え、以前では考えられなかったケアレスミスを連発するようになった。本当に仕事ができなくなったK子さんは、退職を余儀なくされてしまった・・・。

モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする
モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする高野優訳

紀伊國屋書店 2003-02-08
売り上げランキング : 10944

おすすめ平均 star
star読んで 救われました
starモラ・ハラの実態
star会社でのいじめにどう対処するか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中