2019年 6月 19日 (水)

あなたの会社には「社歌」がありますか?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   社歌とは、文字通り「会社の歌」だ。1950年代~70年代の高度経済成長期には、多くの職場で希望に燃えた若者たちに歌われていたと聞くが、その後、だんだん下火になっていった。しかしいま、社歌に再び注目が集まっているのだそうだ。

豪華コンビが新社歌を作成したパナソニック

   2008年10月1日に松下グループから名称変更したパナソニックグループは、新しくグループソング「この夢が未来」を作成した。作曲が久石譲、作詞が森雪之丞という豪華コンビの手によるものだ。

   これは社員でなくても聞いてみたいもの。しかしホームページ等で公開される予定は「今のところありません」とのこと。各職場の朝会で歌われているようだが、従業員以外が耳にすることは難しそうだ。

   社歌を公開している会社もある。有名どころでは総合解体工事の日本ブレイク工業。2003年にネット上で爆発的に話題を呼び、CDやDVDが発売された。もともとは、現場事務所向けの単価表などを収めたCD-Rの「空き容量を埋めよう」と考えたのが社歌作成のきっかけだったが、アニメソング風の曲が人気を呼び、一気にメジャーになった。

   CDやDVDの販売によって、「解体業のイメージをよくしたい」「工事内容をアピールしたい」「親の仕事に良い印象を持たせたい」という狙いは十分に達成できたようである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
社歌
社歌弓狩 匡純

文藝春秋 2006-11
売り上げランキング : 339893

おすすめ平均 star
star大企業の変遷が、この一冊に!
star思い起こそう
star大変な労作。就活にもおすすめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中