2019年 12月 6日 (金)

「この仕事はボクには向いてない」と脱走するシュガー社員

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   このコラムの第1回「自分勝手な甘えん坊『シュガー社員』が増えている!」ではシュガー社員の5つのタイプを紹介しました。今回は、5類型の中でも最も責任感に欠ける「プリズンブレイク」(脱走)型を紹介します。真面目で実直にも見えますが、こらえ性がなくストレスに弱いため、壁にぶち当たると楽な方へと逃げていきます。

>>シュガー社員がやってきた!・記事一覧

注意した翌日に欠勤、そのまま黙って退職

    誰でも面倒なことよりは楽な方がいいのですが、一時的な楽を優先しても、後からもっと過酷な状況がやってくることもあるのです。このタイプは、そういう事態をイメージできません。「今さえ楽ならいい」「後は誰かが何とかしてくれる」という依存心の塊で、放置しておくと周りの社員が疲弊してしまいます。

    「プリズンブレイク」には二つのタイプがあります。第一のタイプは、真剣に仕事に向き合わず、短い期間で転職を繰り返す社員です。口癖は「この仕事は自分には向いていないと思います」。仕事の注意をされた次の日は欠勤し、そのまま退職届を提出せずに会社に来なくなります。

    職歴は豊富で、自分探しが止まらない状態にあるようです。根底には「自分が何に向いているのか分かるまでトコトン自分と向き合う」という考えがあるらしく、それ自体は他人の人生なので何とも言えません。しかし、目の前の仕事に真剣に向き合うことがないため、結局は自分も仕事も分からずじまいで、次の職場に移ることになるのです。

    しかし、前職で身につけたものがなければキャリアアップとはいかず、結果的に「蓄え」も「若さ」も削り取られていきます。専門的な業種でない限り、30歳までに3回以上の転職歴がある場合はこのタイプの可能性が高く、企業としては採用には慎重を要するでしょう。

    ただし、大手企業以外では求人しても応募者が少ないので、なかなか選り好みができません。こうなれば「イマドキの若者はこらえ性がない!」とばかり言ってもいられません。「あそこは人を育てられない会社だ」とならないためにも、若者が短期間で退職してしまう会社側の土壌を検証してみることも必要でしょう。

田北百樹子(たきた・ゆきこ)
札幌市出身。田北社会保険労務士事務所所長。保険関係の手続や就業規則作成にとどまらず、人事考課制度導入や社員教育など、企業の人事労務を幅広くサポートしている。「シュガー社員」の名付け親で、09年3月にはシリーズ第3弾となる『ブラック企業とシュガー社員』(ブックマン社)を刊行。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)
田北 百樹子

PHP研究所 2008-10-18
売り上げランキング : 2337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中