2019年 11月 13日 (水)

「いまどきの若手はホメて使え!」 西武・渡辺監督にみる「育成術」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

    2008年の日本シリーズは、巨人と西武が互角の戦いをしている(11月6日現在)。昨季はBクラスに沈んだ西武が、若手選手の「のびのびプレー」でここまで善戦すると予想した人はいなかったに違いない。渡辺久信監督の「叱らずホメる」「行動を評価する」「数字を使う」という手法――。職場のマネジメントに悩む上司には、参考になるのではないか。

6連敗しても「一つ成長したじゃないか!」

    埼玉西武ライオンズの2007年シーズンは5位に終わり、26年ぶりのBクラスとなった。オフにはカブレラ(現オリックス)と和田(現中日)という主砲がチームを去り、誰もが「2008年の西武はダメだ」と思っただろう。

    しかし、新しく就任した渡辺監督だけは何かを信じていたようだ。開幕戦に負けた試合後のミーティング。ミスを犯した選手をヘッドコーチが叱ろうとしたとき、渡辺監督はこう言って制したという。

「今年のウチはそういうチームじゃないんで。叱るようなことはしないでください」(スポニチ Sponichi Annex、08年9月27日)

    ベテランを揃えた常勝チームならいざしらず、下馬評で最下位候補とされた若手中心のチームで、こんな「宣言」はなかなか言えるものではない。

    5月の初めまでに一度は波に乗ったものの、その後のセ・パ交流戦は10勝14敗。最後は6連敗という散々な成績だった。しかし渡辺監督は選手を叱らずに、励ましたという。

「昨年は9勝15敗だったんだろ。一つ成長したじゃないか」(iza、08年8月23日)

    渡辺監督は、常々「選手のミスは使っている監督が悪い」と言っているそうだ。いまは成功と失敗の経験を積んでいるのだから、結果に一喜一憂してもしようがないということだろう。ただしこれは、「いつかできるようになる」と、選手の潜在的な能力を信じていなければできない我慢だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278)
上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278)石田淳

宝島社 2008-09-09
売り上げランキング : 23389

おすすめ平均 star
starとてもスマート
star効果的な叱り方とは
star部下を押さえつけては伸びない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中