2021年 7月 26日 (月)

「顔写真+出身地」で忘れられない名刺に!(GMS)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   年賀状を出す季節になり、この一年にもらった名刺を整理してみる。だが、そこに印刷された名前を見てもご当人の顔が思い出せない……。年を追うごとに(=記憶力が衰えるごとに)その傾向は強くなるから困りものだ。でも、顔写真がプリントされた名刺ならその心配はない! たとえば、今回紹介するグローバルメディアソリューション(GMS)の取締役・井手高志さんのような名刺であれば――

>>おもしろ名刺ウォッチ・記事一覧

インパクトを与えるため「顔写真つき名刺」に

名刺の表面(左)には顔写真と出身地の地形が印刷され、裏面(右)には会社の事業内容が記されている
名刺の表面(左)には顔写真と出身地の地形が印刷され、裏面(右)には会社の事業内容が記されている

――はじめまして。笑顔がうつった写真が真っ先に目に飛び込んでくる、インパクトのある名刺ですね。
「ありがとうございます。いかに最初のインパクトを与えるかという狙いで作った名刺なので、そう言っていただけるとうれしいです。私たちは広告代理事業などを行っている設立4年目の会社ですが、できるだけインパクトを与えて覚えてもらいたいということで、このデザインになりました」

――写真以外も、興味があること(Interest)が書かれていて、面白いですね。井手さんの場合は「寿司・ゴルフ・マーケティング・学生」となっていますが。
「寿司というのは、もともと私は寿司屋の職人を7年ほどやっていたからです。今でも顧客の社長さんの家で寿司を握ったりすることもあるんですよ。こうやって『寿司』と名刺に入れておけば、『寿司が好きなの? どこの店に行くの?』とか、すぐに聞いてもらえます。そこから話題が広がっていくので、会話のきっかけを作るのにとても役立っています」

――その下には、北海道の地形が印刷されていて「From」と書かれていますが、これはなんですか?
「出身地を示しています。私の場合は北海道出身なので、その地形が名刺にも印刷されています。北海道は分かりやすいですが、福岡とかだと地形だけではほとんどの人がどこの県か分からないようです。でも、『どこの県だと思いますか?』と聞くことでそこから会話が生まれるので、あえて都道府県の名前は入れないようにしています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中