2023年 2月 1日 (水)

アイデアに詰まったら使ってみよう「新書マップ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   インターネットの発達によって、多忙なビジネスパーソンが、すばやく情報を集められるようになった。しかし、情報の信頼性や携帯性・一覧性の点では、書籍にもメリットがある。特にワンテーマを一冊にまとめた「新書」は、ボリュームや価格の面から人気がある。「新書マップ」は、そんな新書との出会いを演出してくれるウェブサイトだ。

キーワードから連想するテーマの「新書リスト」を作成

12のキーワードと最大10のテーマが表示される
12のキーワードと最大10のテーマが表示される

   「新書マップ」のトップページから、たとえば「売れて儲かる商品やサービスを作る」という文章で検索してみよう。すると、星図盤のような円形の図の中に、「ヒット商品」「マーケティング」「ネーミング」といった言葉が表示される。これは検索窓に入れた文章から連想される「テーマ」を並べたものだ。また、円の外側には「時代」「モノ」「社会」など、自分が入力した文章に関連する「キーワード」が表示される。

   テ―マをクリックしていくと、『セブン-イレブンおでん部会』(朝日新書)や『ぐっとくる題名』(中公新書ラクレ)などを含む「新書リスト」が表示される。最初に入力した漠然とした文章から考えると意外な検索結果だが、結構よいヒントになりそうな題名だ。

   さらに、書籍紹介ページ右側には「プレゼンテーション術」「取材術、インタビュー術」など、派生するテーマが表示される。

   この検索システムのベースには、国立情報学研究所が開発した「汎用連想計算エンジンGETA(ゲタ)」の技術がある。GoogleやYahoo!のように目的の情報へ「絞り込んでいく」のではなく、ある語句から連想する情報に「広げていく」機能だ。

   「新書マップ」を運営しているNPO法人連想出版の中村佳史氏によると、この検索エンジンは、あいまいな言葉を基に別の情報を思い起こす「連想」の力を再現することを試みたという。

「一般的な検索エンジンでは、適切な検索キーワードを選ぶこと自体が難しいものです。そこで、人間の連想を刺激したりサポートしたりして、本当に必要な情報にヒットする検索エンジンを検討しました」
新書365冊 (朝日新書)新書365冊 (朝日新書)
宮崎 哲弥

朝日新聞社 2006-10
売り上げランキング : 123155
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中