2019年 11月 20日 (水)

朝7時から勉強会に参加!増える「自立型サラリーマン」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   急速な景気の悪化で、上場企業といえども安閑としていられない時代。いざというときに備えて「自己投資」に励むサラリーマンが増えている。なかでも最近急増しているのが、早朝から勉強会に参加したりジムに通ったりする「朝型サラリーマン」だ。

早朝セミナーで出社前にスキルアップ

   就職活動支援サイトを運営するジョブウェブは2006年春から社会人向けの「朝食会」を開いている。早朝7時から、東京・六本木にある同社のセミナールームで朝食付きの勉強会を実施する。

   テーマは、手帳活用術や人脈構築のコツ、服装術など、ビジネススキル系のものが多いが、ときには「最近読んだ本で良かったもの」について参加者同士で議論することもある。

   現在の開催ペースは月2回。参加者は毎回30~50人くらいで、20代と30代が半々ずつ。男女比は7対3で男性比率が高いが、なかには朝4時に起きて遠方から参加しているパワフルな女性もいる。

「夜は残業があったり飲み会があったりして、予定を入れづらいですが、朝だとほかの用事が入ることはありません。ビジネスパーソンにとって朝は『空白の時間帯』なので、出社前にスキルアップをしてもらおうという狙いです」

とジョブウェブ・キャリア事業部長の中島明さんは語る。

「最初は勉強会のテーマにひかれて参加する人がほとんどですが、実際に参加してみると、朝早く起きて時間を有効活用することに意義を感じる人も多いようです。朝早く起きる『口実』として、朝食会を利用している人もいます」

さらに最近では、ジョブウェブの朝食会だけでは満足できず、自分で読書会や勉強会を主催する人も増えているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中