妻が学んで夫に伝える 「沖縄農家」の二人三脚

印刷
「こんなに女性が農業に熱心なんだぁ」

   セレン社長の三輪晋が沖縄で行っている現地検討会に初めて参加したとき、そんなふうに強く感じた。三輪は毎月約1週間沖縄に滞在し、農家さんの指導をしている。20人ほどの参加者と一緒にバスに乗って各地域の畑を回り、土作りの仕方や植物の観察方法、環境変化への対応方法をレクチャーしている。

>>畑にかよう社長秘書の日記・記事一覧

女性のほうが熱心にメモをとる

勉強会に参加する沖縄の農家の人たち
勉強会に参加する沖縄の農家の人たち

   参加者の半分以上はご夫婦での参加。とくに奥様達の熱心さには感心させられる。農家の奥様たちは朝早くから晩まで勉強会に参加し、必死にメモを取っている。

   三輪の説明をひとことも聞き漏らさないように、なるだけ三輪の近くを陣取っているのも、たいてい男性ではなく女性のほうだ。三輪の注意を受けて素直にすぐ修正するのも、やはり男性より女性のほうが早い。

   沖縄で栽培している作物は、ゴーヤ、きゅうり、いんげん、チンゲン菜、にら、マンゴー、ファッションフルーツなど。たとえば、きゅうりの場合、三輪は、ツルの中間位置にあるまだ元気そうな葉っぱを取るように指示することがある。

   元気そうな葉っぱの下にある、さらに若い葉っぱに光を当てるため、三輪はあえてそうさせる。若い葉っぱの方が光合成する力があるというのだ。だが、これは通常の農家ではやらないことだ。

   常識が邪魔をしてしまうのか、ご主人は「そんなぁ」といって実行には移さない。でも、奥様のほうは次の日の朝一番、教え通りに実行していることが多い。

「勉強会に参加して植物の気持ちがわかってきた」

「いつかは自分で農業をやりたい」というかなちゃん
「いつかは自分で農業をやりたい」というかなちゃん

   沖縄の農家さんはご夫婦で勉強会に参加するのが普通なのだろうか? そう疑問に思って三輪に聞いてみたら、「他の勉強会は、旦那だけが参加しているのが多いよ」という返事。たいていはご主人が勉強会に参加し、奥様に作業の指示をする。奥様は言われたことをただ作業するだけで、その意味や本質はわかってはない場合が多いと教えてくれた。

   でも三輪は、朝早くから畑を切り盛りしている奥様たちにも積極的に参加してもらいたくて、夫婦での参加を勧めている。実際の勉強会では、奥様のほうが「どうしたら儲かる農業が実現できるのか」と熱心に話を聞く。そして、自宅に帰るとご主人に伝えて実行に移しているのだ。

   ある奥様がこう言っていた。

「今までは主人が学んできたことを訳もわからず実行していました。でも三輪さんの勉強会に参加して植物の気持ちがわかってきたんです。三輪さんから考え方を学んだので、たとえ失敗しても天候や虫のせいにするのではなく、土や環境などからトータルで理由を理解できる。だから仕事をしていても、楽しいんです」

   もともと農業従事者の約半分は女性だといわれている。しかしそのほとんどは、農家の嫁として農業の世界に入ったというパターン。結婚した結果として、農家の経営者、従業員、家庭の管理と複数の役割を切り盛りすることになった女性が多いのだ。

   こんなふうにお嫁さんとして農業に従事することになった人がほとんどなのだが、例外的に、自ら進んで農業がしたいと志願している女性もいる。

   私が沖縄で知り合った25歳のかなちゃんは、大学の農学部を卒業して団体職員になった。三輪の勉強会に毎回参加してくれていて、農業は甘くないという現実も知っている。それでもいつかは農業がやりたいと考えている

   「仕方なくやらされている農業」ではなく、「自ら学んで楽しく仕事ができる農業」になれば、女性がもっとこの分野で活躍できるのかもしれない。

セレン社長秘書 大倉野あやか

>>畑にかよう社長秘書の日記・記事一覧

「食を通じて人を元気に。」を合言葉に、2008年10月1日設立。再現性のあるサスティナブルで「儲かる(=夢のもてる)農業」の実現を目指し、農業技術支援だけにとどまらず、人財教育、地域コミュニティの再構築など農業を通じて、日本各地の地方復興、就農者の増加のために現代農業の活性化に邁進している。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中