2019年 6月 21日 (金)

「ニートさん、応援するよっ!」 萌えキャラが就職支援

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ニートにはアニメやマンガが好きな人が多い――そんな傾向に目をつけた愛知県の若者向け就職支援センターが、PR活動に「萌えキャラ」を使用して話題になっている。美少女キャラに惹かれて県外から訪れる人もいるなど、反響は上々だ。

清楚でかわいい22歳の新入女子社員「知多みるく」

美少女キャラが「萌えろ就職活動」とメッセージを送る
美少女キャラが「萌えろ就職活動」とメッセージを送る

   愛知県の知多半島にある半田市の「ちた地域若者サポートステーション」は2009年1月、施設のPR役に美少女キャラクターを採用した。キャラの名前は知多半島で盛んな酪農にちなんで「知多みるく」。22歳の新入社員という設定で、身長158cm、趣味はボランティア、学生時代は吹奏楽部に所属していたという。清楚でかわいい、いわゆる「萌えキャラ」だ。

   「地域若者サポートステーション」は、厚生労働省が各地域の民間団体に委託して運営している若者向けの就職支援施設。全国に77か所あり、それぞれの地域で15歳から35歳までの「働きたくても働けない」若者を対象に、「職業的自立」に向けた相談やセミナーなどを行っている。

   なぜ、就職支援施設で「萌えキャラ」なのか。ちた地域若者サポートステーションを運営するNPO法人エンド・ゴール代表の大久保智規さんは、「地域若者サポートステーションが意外と知られていないのが悩みでした」とした上で、次のように語る。

「地域若者サポートステーションは、主にニート状態の人が対象なのですが、そういう方にはアニメやマンガが好きな人が多かったんですね。雇用情勢が悪くなってきたので、もっと多くの人に活用してもらいたいと思い、そうした人たちの目を惹く何かを考えたら『萌えキャラ』ということになりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中