<できコツ14>「自己投資」にかける金額を確保しよう

印刷

   お金はいくらあっても、漫然と使っていては、すぐになくなってしまいます。自己投資をして、自分の身につけてしまいましょう。一度習得したスキルは、何度でも活用できますし、そのスキルを核にして経験を積めば、自分だけの専門性がどんどん高まって富を生み出します。若いうちこそ身銭を切って、苦労して勉強しましょう。

>>「できるヤツ」と思わせる20のコツ・記事一覧

安定神話は崩壊した。頼れるのは「自分」だけだ

   土地も株価も下がり続け、慢性的なデフレ状態にあると言われています。安定の象徴であった大企業ですら、大規模なリストラを行っています。かつてサラリーマンが「安定」の代名詞だったころが懐かしいです。

   神話が崩れた今、頼りになるのは自分だけです。「仕事に関する勉強は会社以外ではやらない」「能力は会社が付けてくれるもの。研修してくれない会社は怠慢」なんていう牧歌的な考えでは、使える人間として生き残る力を付けることができません。

   国から国への移動を余儀なくされたユダヤ人は、教育にお金をかけることで有名です。自分の頭に入っている知識・知恵は奪われないという考えから、「持ち運びができる財産」の一つとして教育に投資したのでしょう。

   いちばん手っ取り早い自己投資は、読書です。私は、月に20冊ほど本を買っています。ジャンルは人事、労働法などの仕事に関係する内容から、心理学、マーケティング、成功哲学などの自己啓発と多岐に渡ります。古本屋も使うと、費用は1万円程度で収まります。

   特定のテーマについて調べるときは、関連する本を4~5冊買って、ざっと目を通します。そうすると、多角的な視点でテーマを確認することができますし、何が重要なのかもつかめます。その後で一番よさそうな本を選んで熟読すると、理解が深まります。

   その他には、私はセミナーを受講することがあります。金額は高いものが多いですが、専門的な知識をまとめて得るためには、それなりに向いていると思いますし、運がよければ、同じ課題を抱えている人たちとの人脈も作れます。

野崎大輔(のざき・だいすけ)
フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。「企業を活性化させるチェンジ・エージェント」を掲げ、東京・四谷で人事コンサルタントとして活動中。野崎人事労務管理事務所代表、特定社会保険労務士。mixiでコミュニティ「できるヤツと思わせる20のコツ」を運営。09年4月からJ-CASTで「ヨソでは言えない社内トラブル」を共同執筆。
加速成功―願望を短期間で達成する魔術加速成功―願望を短期間で達成する魔術
道幸 武久

サンマーク出版 2004-07
売り上げランキング : 10225
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中