「成果主義」なのに、なぜ若者は辞めるのか

印刷

   あちこちでされる質問に、「これだけ成果主義が普及したのに、どうして若い者はすぐ辞めるのか?」というものがある。チャンスが増えているはずなのに辞めるのは、それだけ忍耐が足りなくなった証拠だろう、というロジックだ。

   ただし、そういった時にでてくる“成果主義”なるものが一体なんであるのか、人によってずいぶん幅があるようだ。というわけで、今回は年功序列と成果主義、それぞれの定義についてまとめてみたい。

   まずは年功序列制度だが、これはいつも言っているように、若い頃に働き溜めた年功に対するご褒美を、将来の出世(あるいは昇給)と言う形で受け取るというものだ。だいたい35歳くらいまでは割に合わず、45歳を過ぎてからそれなりの収入を手に入れることが出来る。一言でいうなら、出世払いというところだ。

   これに対して、成果主義とはタイムリーにキャッシュで支払うというシステムで、「将来の出世」だとか「若い頃の苦労」とかいった曖昧なキーワードはでてこない。プロ野球の年俸制をイメージしてもらえればいいだろう。当然、成果に応じて年収はある程度柔軟に見直されることになる。

日本企業の「成果主義」の実態は?

   では、現在、日本企業でも普及した成果主義なるものは、上記の定義によればどちらに当たるだろうか? ほとんどの企業では賃下げや降格は実施されず、新規の昇給や昇格、一時金の差が広がるだけで、とても成果主義というには程遠い代物だろう。そもそも横並び初任給だったり、仕事をしない上司が存在している時点で、それは本質的には年功序列制度である。

   そう考えると、若手にとってチャンスが増えているとは必ずしも言えない状況であることが分かるだろう。むしろ低成長時代になり、将来の出世に期待できない以上、若い世代が流動化するのは自然な流れである。

   余談だが、一部公務員の中には、査定制度の導入に対して「成果主義だ!新自由主義的改革だ!」といってアレルギー反応を示す人がいるが、査定なんてものは民間は何十年も昔からやっているわけで、完全横並びの方がよっぽど異常である。働きぶりで差をつけられるのは自由主義社会である以上は当然のこと。納得できないなら転職すればいいだけの話だ。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
たった1%の賃下げが99%を幸せにする
たった1%の賃下げが99%を幸せにする城 繁幸

おすすめ平均
starsあなたの給料が上がらないワケ
stars原因は年功序列にある
stars雇用再生の大きなヒントです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中