2022年 7月 4日 (月)

患者からもらった「ラブレター」 どう断ればいいか?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   最近は通信手段の発達により「ラブレター」という言葉も死語になりつつあるようですが、電話番号もメールアドレスも分からない相手に想いを伝えるにはラブレターもまだまだ捨てたものではありません。しかしラブレターをもらうほうからすれば、いつもうれしいものだとは限らない。こんな相談がQ&Aサイトの「教えて!goo」に掲載されました。

患者さんからのラブレターの断り方、どのようにお伝えするべきでしょうか?

「角が立たない断り方をしたい」

   調剤薬局に勤めている29歳の男性(kasumi17さん)は先日、薬局に訪れる患者さんからラブレターをもらいました。手紙に書かれていた内容は「付き合ってほしい」という文面ではなく、「仲良くしてほしい」というもので、電話番号とメールアドレスが記されていました。

   しかしkasumi17さんには交際中の女性がいて、将来結婚しようと思っています。患者さんが好意を寄せてくれたことはうれしいのですが、仕事以外での付き合いは断ったほうがいいだろうと考えました。問題はどのように断るか。うまい断り方が見つからなかったので、Q&Aサイトで相談してみることにしました。

「角が立たない断り方をしたいのですが、どのようにお伝えするべきでしょうか?」
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
たった1%の賃下げが99%を幸せにする
たった1%の賃下げが99%を幸せにする城 繁幸

おすすめ平均
starsあなたの給料が上がらないワケ
stars原因は年功序列にある
stars雇用再生の大きなヒントです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中