2019年 11月 13日 (水)

Episode3 「プログラマーは猫みたいなものだ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   さまざまな国籍と経歴をもつ者たちが集まったベンチャー企業「セレゴ・ジャパン」。そんな会社の性格を象徴するのがブライアン・ツァイ(44)だ。彼のプロフィールはモザイクのようにさまざまな要素で構成されている。

>>へんなガイジンの不思議な会社・記事一覧

父は台湾人、母は日本人。自分の国籍はカナダ

三菱商事の同期とはいまも連絡をよく取っている。「最近は商事も昔とちがって、年功序列が崩れてきているみたいだ」

   ブライアンは台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、国籍はカナダというユニークなバックグラウンドをもつ。母国語は英語。日本語については、大学卒業後に来日するまで満足に話すことができなかった。

「僕は非常に悪い子で、母親に対して『英語じゃないとわからないぞ!』という態度をとって、日本語でしゃべるのを無視していた。そのせいで日本で働くことになったときは言葉が全然通じなくて、涙が出るくらい苦労した。すごく後悔したよ」

   アメリカ西海岸の名門・カリフォルニア工科大に進み、化学を学んだ。卒業後は石油会社に入りたかったが、当時は石油業界の景気が悪く就職口が見つからなかった。やむをえず、父親のつてをたどって紹介してもらったのは、日本を代表する商社・三菱商事だった。

   三菱商事では、パソコンなどの電子機器に使う化学製品の営業を担当した。主に香港やシンガポール、アメリカなどの英語圏をまかされ、世界中を飛行機で飛び回る生活を送った。20代半ばの仕事としては面白かったが、物足りなさも感じていた。

「商事では、成功するために10年、20年という長いスパンで考えないといけない。若いうちは1年も長いという感じなので、もっと短いスパンでキャリアアップできる仕事がいいなと思った。それから日本の伝統的な会社なので、若い社員に大きな責任を与えないような組織だった。今は商事もだいぶ変わってきているみたいだけど、20年前は外資系の会社に比べると、つまらない仕事しか与えてもらえなかった」
米国出身の実業家エリック・ヤングとアンドリュー・スミス・ルイスが2000年、東京に設立したベンチャー企業。「人の学習メカニズムを科学的に解明し、学習効率を飛躍的に高める」ことをミッションに、IT技術を生かした独自の学習アプリケーションを開発。07年10月に開設した無料の語学学習サイト「iKnow!」は1年半で40万人以上の会員を集める人気サイトに成長した。09年3月にはサイト名を「iKnow!」から「smart.fm」に変更。語学だけではない、あらゆる分野の知識を学べる総合学習サイトとして新たなスタートを切った。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中