2019年 12月 16日 (月)

「マサイ族」体験談で「芸能プロ」にうっかり内定

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

牛追い棒の話が「業界人」のツボにはまる

   ところが、本命とは思いながらも半ば諦めかけていた芸能プロダクションの面接で、おかしなことが起きたのです。

   アロハシャツの肩にカーディガンを羽織り、首に金の鎖をじゃらつかせ、髪の毛はリーゼント。第二次の集団面接に登場した社員は、コントに出てくるような「ザ・業界人」といったいでたちのマネージャーでした。私が希望していたのは映画制作部門でしたが、タレントのマネージメント部門との一括採用だったため、マネージャー陣との面接もあったのです。

「じゃあさ、最近いっちゃんムカツいたことを教えてよ。誰からでもいいからさ」

   業界人はいきなり言いました。未だその風貌にも慣れずにいるところにその言葉遣いです。

「ハイ!」

   自分の常識を超えた人種との出会いに何かが壊れてしまったのでしょう、無意識のうちに石ころ帽子を脱ぎ捨て、手を挙げている自分がいました。

「先日旅行したアフリカでの話なんですけど…」

   そう、私は就職活動に入る前、ケニアを旅行していました。基本インドア派ですが、見聞を広げ、帰国後一人静かに内省できるので海外旅行は大好きなのです。

「マサイ族の村でお土産に牛追い棒を買ったんですけど、それが武器だとみなされて、飛行機に乗せてもらえなかったんですよ!」

   業界人のテンションにつられて、なんだかもうビックリマーク付きです。

「説明しても信じてもらえずに怒られて、すごいムカツきました!」

   本当はただムカツいただけでなく、国民性の違いやコミュニケーションの齟齬の問題などいろいろなことを考えさせてくれる出来事でした。しかし業界人には珍しさゆえかそこそこ面白かったようで、さらなるエピソードを求めてきました。私も調子に乗って答えます。

「トイレが三角形の小さな穴だけだったりして大変でした」

   ハハッ!とADのようなカラ笑いをこぼす業界人。これは笑いごとではなく真剣に大変で、膀胱が委縮して4日間で3回しか用を足せず危うく病気になりかけたのですが、私の顔はハキハキ仮面をつけたままもう固まってしまっていました。

   そうして嘘の自分のまま、うっかり内定してしまったのです。

鈴木松子

>>シュガーな女の転職日記・記事一覧

鈴木松子
都内の某私立大学を卒業後、20代の7年間に、芸能プロダクション→旅行会社→映画 雑誌編集部→新聞系制作会社と転職を繰り返し、今また新しい会社で働き始めたアラ サー女。せめてコラムの連載中は、同じ会社に勤め続けられるといいのだが・・・
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ドラことば心に響くドラえもん名言集
ドラことば心に響くドラえもん名言集小学館 ドラえもんルーム

おすすめ平均
stars心に染みた…
starsとってもいいです。
starsドラえもんをあまり好きではない人も読んで
stars元気がでます。
stars大人にこそドラことばを

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中