本当に使えるか? 「MSオフィス」がウェブで無料化

印刷

   2009年7月中旬、マイクロソフトから驚きの発表があった。長年、同社の高価な主力オフィスソフトとして活躍する「Microsoft Office」が無料化されるというのだ。しかもブラウザーで操作するウェブ版となり、来年前半にも登場する予定だという。

>>仕事でつかえるクラウドサービス・記事一覧

「必須ソフト」の地位から陥落しつつある「MSオフィス」

日本語版の「Microsoft Office Business Portal」
日本語版の「Microsoft Office Business Portal」

   マイクロソフトも昨今は「クラウド・コンピューティング」戦略を推進していると考えられているが、その象徴的な動きとしてマスコミなどでも大きく取り上げられている。

   ただし、「オフィスが無償提供へ」などといった見出しの記事の中身を読むと、「オフィス」が完全に無料化に移行するという話ではない。これまでと同じ製品版の販売も継続するのだという。製品版の次期バージョンは「オフィス2010」となり、ウェブ版のほうは「オフィス・ウェブ・アプリ」などの名称で提供されるものと見られる。

   製品版と無料ウェブ版の「二本立て」という戦略はやや中途半端にも映るが、それにしても隔世の感を禁じ得ない。かつて、MSオフィスは多数のユーザーからWindowsパソコンに欠かせない存在だと見なされていた。だからこそ多くのパソコンにバンドルされ、もし入ってなければ、後から数万円を支払ってまで購入したものだ。

   だがしかし、近年はパソコン上の絶対的な地位を失い、「オプション」的な立場になりつつある印象だ。「スタースイート」など、低価格や無料のMSオフィス互換オフィスソフトがユーザー間に浸透しはじめている。

   これらのソフトは「Excel」などMSオフィスのファイル形式を読むことができ、また保存できる。細かな機能や使い勝手ではMSオフィスに及ばないものの、MSオフィスに慣れた一般的なユーザーがそう違和感なく使用できるレベルにはある。

どの程度使えるのか?「無料版オフィス」

   低価格のネットブックをはじめ、ハード側でも、比較的高価と思われるMSオフィスではなく、こうした互換ソフトを採用するケースが増えてきた。マイクロソフトはオフィスの公式サイトで「ネットブックでも Microsoft Office 2007 を使おう!」と呼びかけているが、ウラを返せばネットブックでオフィスを使ってない人が多いことの現れであろう。

   一方、「オフィス・ウェブ・アプリ」にとって直接のライバルとなるのは、グーグルが無料で提供する「Googleドキュメント」など、ウェブ版のオフィスソフト。現状のシェアはさほどではないが、近年の「クラウド・コンピューティング」の流れからして、将来的な脅威ではある。これら将来への不安が、マイクロソフトを無料化へと突き動かしている一因と考えられている。

   なんにしろユーザー側から見れば、溜飲を下げ、歓迎すべき出来事だ。気になるのは「オフィス・ウェブ」が実際にどの程度使えるのか、製品版との差はいかほどか、といったことだろう。いざフタを開けてみたら、機能大幅限定の試用版のようなものだったりしては、シャレにならない。

   この点、まだ情報は少なく、不安は拭えないが、そもそもオフィス製品の基本的な機能、文章を書いたり、計算したり、といったことは何年も前に完成しており、ウェブ上でも提供可能なもののである。どの機能を付加価値と位置づけて、無料版と有料版のバランスを取るのか。いったいマイクロソフトは無料でどこまでやってくれるのか――。来年前半のリリースを楽しみに待ちたい。

虎古田

>>仕事でつかえるクラウドサービス・記事一覧

虎古田(とらぶるた)
ネットバブル期にはIT・ネット企業を多数取材、専門誌等へ執筆。自身もネットサービスの制作に携わった経験を持つ。当時、ダメなサービスをも持ち上げてしまった反省から、現在はユーザー目線での正直な批評を心がけている。
夢は必ずかなう―物語 素顔のビル・ゲイツ
夢は必ずかなう―物語 素顔のビル・ゲイツ小出 重幸

中央公論新社 2005-06
売り上げランキング : 154299

おすすめ平均 star
star読み物としては面白い
star早く読み終わりました。
star日本人の書いたビル・ゲイツ物語

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中