2019年 11月 21日 (木)

『不機嫌な職場』著者に聞く
自分で自分を追いつめるな!声を掛け合い「組織感情」を健全に

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   組織には「感情」があり、これを良い状態にすることで組織のパフォーマンスを上げることができる――。「ギスギスした職場」で苦しむ人には、共感できる説ではないだろうか。では、どのようにすれば、あたたかくイキイキとした職場をつくることができるのか。「組織感情」に関する書籍を刊行した高橋克徳氏(ジェイフィール執行役員)に話を聞いた。

「変わろう」という思いを共有できなければ職場は変わらない

「ギスギス職場の放置は組織にも個人にもリスクがある」と語る高橋克徳氏
「ギスギス職場の放置は組織にも個人にもリスクがある」と語る高橋克徳氏

――高橋さんが出された『不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか』(講談社現代新書、共著)は、27万部のベストセラーとなりました。今回、続編として新たに2冊の本を出されましたが、何かきっかけがあったのでしょうか。

高橋   『不機嫌な職場』では、お互いに協力し合えず、責任感の強い人ほど仕事を抱え込み、精神的・肉体的に追い込まれていく職場を描きました。多くの読者から「自分の職場も全く同じだ」「お互いに踏み込めないと感じていた原因が分かった」という共感をいただき、職場を客観視するお手伝いができたのではないかと思います。

   ただ、好意的な意見の一方で、「お互い協力し合うなんて理想論だ」とか「この状況は嫌だけど、自分から働きかけて変えるのは難しい」という意見も聞かれました。また、「経営者や管理職のマネジメントの問題だから変えられない」という意見もありました。

――でも、「誰かが悪い」では解決しにくい問題ですよね。

高橋   ええ。いくら会社から方針や仕組みが与えられても、メンバーみんなが「変わっていこう」という思いを共有できなければ、何も変えることはできません。そこで「組織感情」という概念を使って、これをメンバーみんなで良い状態に持っていく方法について考えてみたのが『職場は感情で変わる』(講談社現代新書)という本です。

   また、「職場の状況に強い不安を感じてはいるが、良い感情を周囲に配ろうと思っても、そういう感情が湧いてこない」という人もいます。そこで、人間関係の摩擦から「自分はダメだ」「必要とされていない」と否定的に追いつめる感情をやわらげて、前向きに生きていくための対処法についても考えてみたいとも思いました。これについて考えたのが『潰(つぶ)れない生き方』(ベスト新書)という本です。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
潰れない生き方 (ベスト新書)
潰れない生き方 (ベスト新書)
ベストセラーズ 2009-09-09
売り上げランキング : 2324

おすすめ平均 star
star「不機嫌な職場」の著者の第二弾。自分を客観視できるかも。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中