営業車に無断で「GPS発信機」が取り付けられていた!

印刷

   営業職の人なら、車で外に出たものの思うように売れなかったりして、つい路肩に車を停めて居眠りをしたりする経験は誰にでもあるのでは。もし、そんな行動を会社が逐一監視していることが分かったら・・・。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな状況に直面した人からの質問が寄せられました。

「知らないうちに営業車にGPS発信機が取り付けられていました!」

数人の営業職を監視「腹の虫が治まらない!断じて許せない」

あなたの車にも知らないうちに!?
あなたの車にも知らないうちに!?

   質問者のma-si-0707さんは、中小企業の営業職。ある日、社長が社員に黙って、数台の社用車に現在地を監視できる「GPS発信機」を取り付けていたことが分かりました。これを知った質問者さんは、「断じて許せない」と憤り、会社を辞めることにしました。

   ただ、他の人にも同じことをされるおそれがあるし、腹の虫も治まらないので、社長に一泡吹かせたいと考えています。

「社長を訴えたり処罰を与えたりすることは出来ないのでしょうか?」

   実は「教えて!goo」には、過去にも「伯父さん(社長)が従業員(甥っ子)にないしょで社用車にGPSを設置しているようです」とか「追跡できるシステムをこっそり付けることは合法なのでしょうか?」といった同様の質問が寄せられています。

   この質問に対する結論は、doctorelevensさんの回答を要約すると、

1.法律上、社用車は「会社の所有物」
2.会社の所有物は何であれ、会社経営者の指揮監督の元で維持管理される
3.以上を踏まえGPSの設置は可能。労働者に説明する義務もなければ了解を得る必要もない

というところのようです。他の回答も、ほぼすべて「会社が行った行為に(法的な)問題はない」というものでした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中