2018年 7月 21日 (土)

「トゥース」に「政権交代」! 2009年の流行語をネットユーザーに聞いた

印刷

   2009年も残すところ1か月あまり。「今年の『新語・流行語大賞』を予想してください!」――ライブドアブログの利用者をはじめとするネットユーザーに、「新語・流行語大賞2009」の候補語60個から大賞を予想してもらったところ、120件以上の投稿があった。本家の大賞発表(12月1日)を前に、一足先に投稿結果を集計してみよう。

実質1位? 「友愛」が票を集める波乱

   1位は「トゥース!」(14票)。お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、右手の人差し指を立てて発する決まり文句だ。使い勝手のよさから、中高生の間であいさつや返事の代わりに流行した。もっとも、元はアメフトで集合をかけるときの合図であって、春日のオリジナルではないらしい。

   2位は「政権交代」(13票)。民主党の圧勝は予想以上だった。驚いたのは、候補語にない「友愛」を挙げた人が10人もいたことだ。それだけインパクトが強かったということだが、もし候補語に入っていれば1位の可能性もあったのではないか。

   3位は「新型インフルエンザ」(9票)。当初は毒性が高く、死者が続出するといった見方も広がり、薬局でマスクが品切れになったりした。海外からのウイルス持ち込みを防ぐ「水際作戦」も大掛かりに行われたが、いまではだいぶ落ち着きをみせている。

   4位は「婚活」(8票)。就職活動にならった「結婚活動」の略で、結婚相談所が繁盛した。一方で「結婚サギ」や「婚活殺人」の存在が報道されたり、給与カットで結婚を取りやめたカップルも現れたりして、ネット上には「俺たちにどうしろというのか!」という怒りの声も見られた。

流行語大賞の候補語に入れてもいいと思うのは?
友愛
裸で何が悪い
わしはこんなところに来とうはなかった
2番じゃだめなんですか?
恵まれた家庭に育ったので
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中