2019年 8月 18日 (日)

就職活動に「自己分析」は不可欠なのだろうか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   就職活動といえば「面接対策」と「自己分析」が定番だが、ネット上では「自己分析は意味がない」という意見も見受けられる。自己分析には、どういう意味があり、就職活動においてなぜ必要とされるものなのだろうか。

「最も力を入れること」の1位だが「無駄だった」という声も

「自己分析」と「面接対策」は就活に不可欠?
「自己分析」と「面接対策」は就活に不可欠?

   ネット調査会社のネットマイルは2009年12月1日、「就職活動についてのアンケート」の結果を発表した。回答者は、就職活動中の学生379人。それによると、「今後就職活動をしていく中で、あなたが最も力を入れようと思っていることは?」という質問には、男女総合では「自己分析」と「面接対策」が19.5%で同率1位だった。

   男女別では、男性では「面接対策」(22.5%)、女性では「自己分析」(21.8%)がそれぞれ1位、文系・理系別では、文系が「自己分析」(20.1%)、理系が「面接対策」(22.9%)が1位だった。専門性が明確な理系よりも、文系の方が「自分は何がしたいのか、何が強みか弱みなのか」を整理するのに手間が必要なのかもしれない。

   一方、2ちゃんねるの「就活でして良かった事&無駄だった事」というスレッドには、無駄だったこととして「自己分析」を挙げる回答が目に付いた。「ありのままの自分で突撃した。意外といい成果出るよ」という意見もあった。あらかじめ準備したきれいな答えよりも、その場で考えた率直な答えの方が好感を持たれたということか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中