2019年 11月 14日 (木)

安さだけじゃないぞ!「路上弁当」を買う理由

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   お昼どきのオフィス街に、弁当の移動販売車がズラリと並んでいる光景を目にしたことはないだろうか。そんな大流行の「路上弁当」に周辺飲食店がクレームを入れた、という記事に対し、毎日のランチ時に利用しているビジネスパーソンたちが、ネット上で「それはおかしい」と声を上げている。

「いま日本に必要なのは路上弁当のような『商魂』」

日替わりで移動販売車が集まる「ネオ屋台村」(東京・麹町)
日替わりで移動販売車が集まる「ネオ屋台村」(東京・麹町)

   J-CASTニュースで「オフィス街『路上弁当』規制強化 周辺飲食店が安売りに『待った』」という記事を公開したのは、2009年12月13日の午後6時。この約2時間後に、上武大学大学院教授の池田信夫氏が、ツイッターでこの記事のリンクを含む投稿コメント(ツイート)を流した。さらに午後9時ころにも、

「いま日本に必要なのは、アントレプレナーシップとかイノベーションとか格好いいものではなく、路上弁当のような『商魂』だと思う」

と、路上弁当への規制に反論するツイートを流し、記事へのアクセスが増加した。

   これを受けて、はてなブックマークには、翌14日の午後6時までに300以上のブックマークが付いた。寄せられているコメントには、

「道路使用許可も土地使用許可も得ないで、ボロ儲けしようとしてる弁当売りが悪い。立地のいい場所で商売したければ相応の地代を払うべき」
「こういう消費者礼賛ばかりやってるからみんな貧乏になるんだと思うけど」

という意見もあるが、圧倒的に多いのは、利用者の視点から路上弁当の進出を歓迎する声だ。

   コメントの中身を見ると「安いほうがいいよ」という声もあるが、多くの支持を集めているのは「安いからじゃなくて昼飯時は食堂が混んでるから」、コンビニや路上弁当で購入しているという意見だ。

「オフィス街なら少々早め(11時頃)に出るか遅め(午後2時頃)にでないと、そもそも店に入れないという事情を知らないとしか思えないが・・・」

   こんな状態で路上弁当の規制を強化したら、利用者からは「何を守るための規制なんだろ・・・」とブーイングが起こるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中