グーグルの面接試験でも使われる「フェルミ推定」って何?

印刷

   新年にあたり「今年はこんなスキルを身につけたい」と目標を立てている人もいるだろう。仕事全般に使えるスキルがあれば便利だ。IT企業のグーグルの面接試験には「フェルミ推定」という問題が出るらしいが、それはどんな問題で、それを解くにはどんなスキルが必要なのだろうか。

「どの職種でもフェルミ推定系のお題は出ますね」

   2010年1月2日の午前1時すぎ、2ちゃんねるに「グーグルで働いてるけど何か質問ある?」というスレッドが立った。スレ主はグーグルのマーケティング職に勤務し、「嵐」のファン。採用の手続きについて詳細に答えており、「本物」を感じさせる。さまざまな質問に対し、

「本をたくさん読んで、たくさんアウトプットすること」
「民主主義、特に現行の間接民主主義は再発明が必要だと思いますね」
「アイディアなんてみんな思いつきます。・・・結局実行する力がすべてなんです」

など、聡明さを感じさせる回答を次々に繰り出し、まとめサイトには1500件もの「はてなブックマーク」が付いている。この中で、グーグルの採用試験について言及している箇所があった。

「エンジニア採用ではないですが、基本的にどの職種でもフェルミ推定系のお題は出ますね」

   この一言が効いたのか、2007年12月に出版された『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』という本がアマゾンで順位を上昇させ、版元の東洋経済新報社の出版物のトップに上がっている(1月4日現在)。

   フェルミ推定とは「日本に蚊は何匹くらいいるか」といった、実際に調査して把握するのが難しい問題を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算すること。フェルミとは、この手の問題を得意としていた物理学者の名前だそうだ。

   実際にフェルミが学生に出したといわれているのは「シカゴにはピアノの調律師が何人いるか」という問題。これを解くために、フェルミは「シカゴの人口は300万人」「ピアノを保有している世帯は1割」「調律師が1日に調律するピアノの台数は3つ」などと仮定して、130人程度という数字を出している。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
おすすめ平均
stars「地頭力」の教科書
stars『地頭力』って理系的
stars若手社員が思考方法を整理するのにおススメ
stars知識を応用できるように地頭力を鍛える本
stars著者の主張を、気持ちよく受け入れたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中