2019年 11月 16日 (土)

最も無駄な経費は「役員報酬」? コスト削減で「退職も検討」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   不況下で、各社では「経費削減」が大きなテーマとなっている。調査によると、リーマン・ショック以来、コピーや接待、残業などの抑制が進められているが、それによって疲弊し、モチベーションを下げている社員もいるようだ。

若手社員は「残業代を削らないで欲しい」

「カラーコピーの原則禁止」は即効性のある策として取り組まれている会社が多いと聞く
「カラーコピーの原則禁止」は即効性のある策として取り組まれている会社が多いと聞く

   オフィス商品を扱うオフィスバスターズとネット調査のアイシェアは、共同で「職場経費仕分けに関する意識調査」を実施し、2010年1月18日に公開した。回答者は20代から40代の男女ネットユーザー930人。

   それによると、回答者のうち現在仕事をしている721人に「あなたの職場で最も削らない方がいいと思う経費」について聞いたところ、1位は「人件費」、2位は「残業代」だった。「人件費」という回答は年齢が上がるほど増えて、50代では51.7%を占めた。一方、「残業代」という回答は、年齢が下がるほど増えている。

   また、「最も無駄が多いと思う経費は」という問いには、「役員報酬」「接待・交際費」が上位となった。「役員報酬」を無駄と思う回答者からは「報酬に見合った仕事をしていない」「役員が多すぎる」という声が上がったが、このご時勢で真面目に役員をやろうと思えば、相当苦労が大きいことは間違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力

日本能率協会マネジメントセンター 2007-12-22
売り上げランキング : 3650
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中