2019年 11月 18日 (月)

仕事も「草食系」 出世レースに背を向ける若者たち

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2010年度の新入社員を対象とする調査によると、社会人としての常識を守ろうとする意識は高いが、出世欲は低いという結果となった。また、仕事とプライベートの両立は、目指したい人が多いものの、「実現できる自信がない」とする人が多かった。

新人の誓いは「無断欠勤や遅刻は絶対にしない」

   Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイトは2010年2月24日、「新卒社員の仕事に関する意識調査」の結果を発表した。回答者は、この4月から新卒社員として働く予定の男女200人。

   これによると、回答者が「そうなりたい」と答えた割合が最も高い項目は、「無断欠勤や遅刻は絶対にしない」(96.0%)。2位以下には「会議、来訪など約束した時間を守る」「適切な場面で適切な言葉遣いができる」「自ら体調管理をしっかりと行う」「仕事の期日を絶対に守る」が続いた。社会人としての常識を守ろうとする意識は高いようだ。

   この5つの中で、「実現させる自信がある」と答えた割合がもっとも低かったのは「体調管理」(60.0%)。残る4割の人は、不安を感じていることになる。飲食や運動は自己管理できても、社会人になるストレスへの対処は簡単ではないと感じているのかもしれない。

   理想と自信のギャップが大きかったのは、「ビジネスパーソンとしてのあり方」に関する項目。「他人に分かりやすく、説得力高く、意見を伝えることができる」は、「そうなりたい」が94.5%と高かったが、「自信がある」は49.5%にとどまった。ただし、分かりやすい説明能力は常に磨くべき技術であり、新人の段階で自信がなくでも問題ないだろう。

   また、「仕事とプライベートを両立させる」という項目では、「そうなりたい」が88.0%に対し、「自信がある」は52.5%だった。現実は厳しいと諦めているのだろうか。

仕事で使う本、自分で買うことはある?
ほとんど自腹
金額による
共有する本は会社持ち
自腹は切らない
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中