2019年 11月 20日 (水)

自分のアイデアを横取りして出世した課長が許せない

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新しいビジネスの創造には、新しい発想が求められる。若手社員に期待されるところも大きいが、頑張りに応じた評価を受けていないと感じる人もいるようだ。ある会社の人事部には「上司が自分のアイデアを横取りしている」と若手社員からクレームが寄せられている。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

「なぜ自分だけ報われないのか」

――企画会社の人事担当です。広告宣伝部のA君から「上司に不満があるので会社を辞めたい」と相談がありました。彼は学生時代から熱心にマーケティングの勉強をして、最新の知識と柔軟な発想力で評価されている入社3年目の若手社員です。
   これまでもいくつかのプロジェクトで、新鮮なアイデアを打ち出して成功に貢献してきました。年度初めの企画会議でも大きなキャンペーン企画を提案して注目を集めていましたが、その手柄をすべて上司に持っていかれたと不満を抱いています。
   聞くところによると、実際の企画を動かす段になって、クライアントとの打ち合わせや重要なプレゼンにA君は出させてもらえず、すべて上司のB課長が行っているとのこと。先日の報告会もB課長が発表し、重役からおほめの言葉が出たそうです。
   事情を知る部内のメンバーは、A君のアイデアがあってのことだと知っているのですが、他の部署やクライアントには知られていません。昨年、B課長が社長賞をもらったのも、実質的にはA君のアイデアを実行したことが評価されたといいます。
   A君としては、部下のアイデアを利用して自分だけ出世していく課長が許せないとのこと。最近は課長と距離を置き、どうせ手柄を横取りされるのなら新しい提案を出さない方がマシだとまで言っています。
   このままではA君がモチベーションを下げ、能力を発揮してもらえない状況になってしまします。また、もしも退職することになれば人材とノウハウの流出です。会社として、どういう手の打ち方があるでしょうか――
尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中