2019年 12月 15日 (日)

便利なインターネットが人間の脳を退化させる?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   最近、「もの忘れがひどい」「簡単なことが思い出せない」といった症状を訴える人が増えています。それも30代、40代の働く人が突然陥っているのです。今回は、働き盛りの「もの忘れ」などについて取り上げてみます。

>>ビジネスパーソンのストレス対処術・記事一覧

30代、40代で増える「もの忘れ外来」の受診

使わない筋肉は衰え、使わない脳も衰える?
使わない筋肉は衰え、使わない脳も衰える?

   これまで病院の「もの忘れ外来」を受診していたのは、60代以降の老年性認知症の方がほとんどで、若くても50代の若年性認知症の方が少しいる程度でした。

   しかし、最近は30代、40代で受診し、日常生活の中に「空白の時間」ができていると訴える人が出ています。

   具体的な症状は「不意に言葉が詰まる」「たびたび思考が止まってしまう」「人や物の名前が思い出せなくなった」など。高齢になれば自然なことでも、若いうちからこのような症状が出るのは、やはり異常なことです。

   このような症状について、脳神経外科専門医の築山節先生は、自らの豊富な臨床経験を元に『フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる』という本をまとめられています。

   それによると、ボケというのは、必ずしも年齢だけの問題ではなく、若くして「自分の脳を使っていない」または「使い方が偏っている」ことも原因になるそうです。

   自分の脳を使っていない状態とは、本人も気付かないうちに「何か」をしなくなっていることが考えられます。たとえば、仕事においてマニュアル的な対応を繰り返していたり、単語でしか話さなくなっているような人は、自分の考えをまとめて他人に分かりやすく伝えることができなくなってしまいます。

   また、ITの発達によって私たちの生活は飛躍的に便利になりましたが、それと引き換えにしなくなった「何か」が増えています。インターネット、携帯電話、カーナビなどの道具が、私たちから「探す」「迷う」などの機会を奪っているのかもしれません。

不意に「物忘れ」をすることありますか?
ある(50代以上)
ある(40代)
ある(30代)
ある(20代以下)
そんなにない
筑波大学大学院・松崎一葉研究室
高度知的産業に従事する労働者のメンタルヘルスに関する研究を行い、その成果を広く社会還元することを目指している。正式名称は筑波大学大学院人間総合科学研究科 産業精神医学・宇宙医学グループ。グループ長は松崎一葉教授(写真)。患者さんを治療する臨床医学的な視点だけではなく、未然に予防する方策を社会に提案し続けている。特種な過酷条件下で働く宇宙飛行士の精神心理面での支援も行っている。松崎教授の近著に『会社で心を病むということ』(東洋経済新報社)、『もし部下がうつになったら』(ディスカバー携書)。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる (生活人新書)
築山 節

日本放送出版協会 2005-11
売り上げランキング : 2831
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中