2020年 1月 18日 (土)

他人を変えるのに疲れたら「自分」を変えてみよう

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   職場でも私生活でも、人間関係は大きな悩みのひとつです。「あの人は感じが悪くて、一緒に働きにくい」という不満を感じたことのある人も多いでしょう。

   もちろん、その人自身の問題もあり、トラブルになりそうなときには接触をさけることもひとつの知恵ですが、あなた自身が作り出している居心地の悪さもあるかもしれません。周囲の人の納得できない接し方は、あなたの言動に対する印象が映し出されているところもあるのです。

>>ビジネスパーソンのストレス対処術・記事一覧

ストレスの源は「自分の考え方や言動」かも

笑顔やあいさつにはコミュニケーションを促し仕事の成果を上げる効果がある
笑顔やあいさつにはコミュニケーションを促し仕事の成果を上げる効果がある

   それでは職場のストレスについて、いくつか例を挙げて検証してみましょう。

「部下が相談もせずに勝手なことばかりする」

   部下がこまめに報告や連絡をしてこない場合、それは部下が怠けているのではなく、あなたが話しかけにくい雰囲気を醸し出していることが原因かもしれません。

   いつも難しい顔をして「忙しい、忙しい」と言っている上司には部下は話しかけにくく、できるだけ接点を持ちたくないという気持ちが起こってしまいます。

   その結果、部下との意思疎通が十分に図れず、ストレスを感じますが、原因は上司自身にあるわけです。仕事に集中して、つい怖い顔になっていませんか? 顔の筋肉にギュッと力を入れて一気に力を抜くと、表情が穏やかになりますので試してみてください。また、ときどき部下に明るく話しかけて、モノを言いやすい機会を作りましょう。

「うちの職場は全然仕事を教えてくれない」

   人は自分の意見や考えを「聞いてもらえた」「受け止めてもらえた」という感覚を非常に好み、そのような感覚がないと無力感や無気力感がもたらされてしまいます。

   同僚や先輩から仕事について、意見やアドバイスをもらったとき、自分の考えにこだわりすぎたり、責められたと感じたりして、「でも・・・」「いえ、それはですね・・・」と口にしていないでしょうか。

   いつもそういう反応をしていると、相手はアドバイスする気が失せてしまいます。まずは、「はい」「なるほど」「ありがとうございます」という肯定的な反応を示した上で、気になる点を確認したり、自分の意見を提案したりしてみましょう。

筑波大学大学院・松崎一葉研究室
高度知的産業に従事する労働者のメンタルヘルスに関する研究を行い、その成果を広く社会還元することを目指している。正式名称は筑波大学大学院人間総合科学研究科 産業精神医学・宇宙医学グループ。グループ長は松崎一葉教授(写真)。患者さんを治療する臨床医学的な視点だけではなく、未然に予防する方策を社会に提案し続けている。特種な過酷条件下で働く宇宙飛行士の精神心理面での支援も行っている。松崎教授の近著に『会社で心を病むということ』(東洋経済新報社)、『もし部下がうつになったら』(ディスカバー携書)。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
あらゆることが好転していくご挨拶の法則あらゆることが好転していくご挨拶の法則
林田 正光

あさ出版 2008-04-14
売り上げランキング : 111609
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中