2020年 1月 29日 (水)

上司の「物忘れ」がムチャクチャなんです!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   仕事には約束がつきもの。守られなければ、当然トラブルになります。ただ、その原因が気の緩みや不誠実でなく、記憶力の減退だとしたら・・・。ある職場では、女性職員がベテラン上司の変調に気づき、どうしたらよいか不安を抱えています。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

イライラして部下に八つ当たり

――独立行政法人の総務担当です。私の上司で50代の男性課長のことですが、ここのところ物忘れが激しく、いよいよ仕事に支障をきたしてきました。以前は指示が的確だったのですが、最近は指示したことすら忘れていることがあります。
   先日も、ある省庁の資料が見当たらず「誰が持ち出したのか」と尋ねるので、調べてみると、前の月に「これは古いから破棄しておいて」と指示されたものでした。
   自分で口にしたことを忘れてしまい、会議の資料を自分で届けると言ったのに、先方から連絡を受けて、「どうして渡ってないの?」と尋ねてくることもありました。
   最近は、さすがに自分でも気づいてきたようなのですが、困ったことに、思うようにならないことがあると周囲に八つ当たりをするようになってきたのです。

「資料を準備するように言ったのに、なぜできていないんだ?」
「君は全て私のせいにするが、自分ができていないことを棚に上げるな!」
「そんなはずないだろ? 私はそんなことを言ってない!」
「憶えていないものは、憶えていないんだ!」
   私は、課長の指示をメモに書いたりメールでやりとりしたりして、証拠を残すようにし、なんども確認しているのですが、フォローし切れません。
   若い頃は、仕事の進め方を丁寧に教えてくれたり私のミスをかばってくれたりで、大変お世話になった尊敬する上司なので、今後も一緒に仕事がしたいのですが、そんな私も限界に近くなってきました。
   こんな調子なので、仕事が進みません。まわりも半ばあきらめ気味の様にも見えます。定年まで待つしかないのでしょうか――

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ネイチャーメイドDHA 90粒
ネイチャーメイドDHA 90粒
  • 発売元: 大塚製薬
  • 価格: ¥ 1,249
  • おすすめ度 4.0
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中