気になる異性の前では「失敗」を隠すな?

印刷

   仕事において「絶対に失敗はしたくない」「意地でも弱みは見せない」と思っていませんか。確かに失敗は上司からの評価を下げ、給与やボーナスに悪影響を与えるおそれもあります。

   特に職場の気になる異性の前では「成功」や「賞賛」しか許されない――。しかし、周囲はあなたの失敗をあまり重大視しないどころか、かえって好感を持つという見方もあるのです。

完璧な人間より親しみを感じてもらえる

他人の失敗は、いつしか親しみに変わる
他人の失敗は、いつしか親しみに変わる

   ある「恋愛心理学」のサイトには、恋愛における「失敗の効果」について、興味深い実験結果が紹介されています。成績優秀な生徒にクイズを回答してもらったときの2つの音声を聞かせたところ、AよりもBの方に好意を持った人が多かったそうです。

   その違いとは、Bの音声の最後に成績優秀な生徒がコーヒーをこぼしてしまい、

「いや~、まいったなあ。買ったばかりのスーツなのに・・・」

と弱っている声が入っていたのでした。

   実験の信憑性はともかく、他人の失敗は「人間味」として捉えられ、完璧な人間よりも親しみを感じさせるということは、何となく分かる気がします。

   全国で人気を博しているあるセミナー講師は、「話の中に自分の失敗談や挫折のエピソードを入れると、共感してくれる人が増える」と断言しています。

   もし仕事で失敗してしまったら、隠し切れずにバレてしまうよりも、自分から申し出るくらいの方が、リカバーもしやすいし、かえって「潔い」と評価が高まるかもしれません。

   ただし、効果があるのは「微笑ましい失敗」の範囲内でのこと。深刻な失敗をしてしまった場合には、微笑ましいでは済まされません。

   また、もともと優秀な人が意外な失敗をするから微笑ましいのであり、優秀でない人が失敗しても「また~?」と呆れられてしまうので要注意です。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中