2019年 11月 13日 (水)

「部下は定時、管理職は終電」 これじゃカラダが持ちません

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大手企業の海外進出で、業績回復の兆しが見える業種もあるようだ。しかし中堅以下の会社では、自社の事業環境を見極められなければ、経営の見通しも立てられないだろう。ある会社では、人手不足のしわ寄せが管理職に集まって、どうしようもなくなっているという。

>>ヨソでは言えない社内トラブル・記事一覧

「間違いなく病気に」「平社員に戻してください」

――中堅の通信機器販売会社の専務です。不景気の影響で一時は経営危機にも陥りましたが、人員とコストの大幅削減で、なんとか収益を確保できるようになりました。
   しかし最近は、新たな問題が生じています。従業員が減ったことで、一人ひとりにかかる業務負担が格段に増えてしまっているのです。特に営業部門の管理職においては、深刻な問題になっています。
   当社では管理職の時間管理は本人に任せており、残業代は払っていません。一方でコスト削減のため、一般社員にはよほどのことがない限り残業させないことにしています。
   不急の外出を制限するなど、一般社員の業務効率化を口酸っぱく徹底しているのですが、それでもしわ寄せは管理職に行くことになります。
   管理職は自分が担当する大口顧客への見積や請求の提出、新規提案などのほかに、これまで部下が行っていた細々した問い合わせ対応なども引き受けざるを得ません。
   その結果、部下は定時退社、上司は毎日終電という状況が起こるわけです。
   管理職からは当然、「給料は上がらないまま、仕事と責任ばかり増える」と不満が漏れ、「平社員に戻してくださいよ」という愚痴にも真剣さがこもっています。
   「女房とほとんど会話がない。このままでは離婚」「これじゃカラダが持たない。間違いなく病気になる」「部下はプライベートを満喫しているのに、なんでオレたちだけが」といった不満も、もっともだと思います。
   このままでは休職者や退職者も出てくるかもしれません。経営者の一人として、どう考えていけばよいのでしょうか――

尾崎 健一(おざき・けんいち)
臨床心理士、シニア産業カウンセラー。コンピュータ会社勤務後、早稲田大学大学院で臨床心理学を学ぶ。クリニックの心理相談室、外資系企業の人事部、EAP(従業員支援プログラム)会社勤務を経て2007年に独立。株式会社ライフワーク・ストレスアカデミーを設立し、メンタルヘルスの仕組みづくりや人事労務問題のコンサルティングを行っている。単著に『職場でうつの人と上手に接するヒント』(TAC出版)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。

野崎 大輔(のざき・だいすけ)

特定社会保険労務士、Hunt&Company社会保険労務士事務所代表。フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。企業の人事部を対象に「自分の頭で考え、モチベーションを高め、行動する」自律型人材の育成を支援し、社員が自発的に行動する組織作りに注力している。一方で労使トラブルの解決も行っている。単著に『できコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、共著に『黒い社労士と白い心理士が教える 問題社員50の対処術』がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中