2019年 11月 13日 (水)

ストレスの少ない職業生活に「福利厚生」の充実は必要です

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   就職氷河期といわれる買い手市場が続いています。そんな中、採用面接の席で「御社の福利厚生制度はどうなっていますか?」と尋ねるような人は、面接者から「そんな人はいらない!」と思われてしまうのだそうです。

   確かに会社としては、会社の発展にどう貢献してくれるかに興味があるわけですが、一方で働く人にとって福利厚生は大事な労働条件の一部ですから、おろそかにできません。会社も、あまり軽視しない方がよいのではないでしょうか。

>>ビジネスパーソンのストレス対処術・記事一覧

近所にクリーニング店があると仕事に集中できる?

単身赴任者に「洗濯物」は大問題?
単身赴任者に「洗濯物」は大問題?

   みなさんは、いまの職場で働くことにどれだけ満足しているでしょうか。「満足度」が高い人は仕事で強いストレスにさらされても、その状況に前向きに対応し、困難を打開することができることでしょう。

   満足度には、仕事そのものの面白さや達成感のほかに、給与や勤務体制、裁量の大きさなどが影響すると考えられます。しかし、これらの要素の改善にはさまざまな要素が絡むので、容易なことではありません。

   そこで考えられるのが、追加的に支給する「福利厚生」を少しでも充実させることです。

   最近の研究結果で、興味深い報告があります。単身赴任中の会社員を対象に調べたところ、住居とクリーニング店の距離が近いことと、職務満足度との間に関連性が認められたのだそうです。

   対象とした母集団は限られていますが、生活に便利な環境が整っていることが、職業生活の満足度を上げていたというわけです。これにより、単身赴任者のストレスを減らすためには、会社が社員向けの「クリーニング集配サービス」と契約することが考えられます。

   「いまの職場で働いていてよかった」という満足度を上げるためには、仕事や給与だけでなく、生活環境の充実を含めた福利厚生の充実も大事な要因のひとつではないでしょうか。

   「マズローの欲求段階説」によれば、人間は生命維持や安全といった基本的で原始的な欲求が満たされない限り、より高次な社会的欲求や自己実現の欲求に移行しないとされています。このことは職業生活にも当てはまると思われます。

筑波大学大学院・松崎一葉研究室
高度知的産業に従事する労働者のメンタルヘルスに関する研究を行い、その成果を広く社会還元することを目指している。正式名称は筑波大学大学院人間総合科学研究科 産業精神医学・宇宙医学グループ。グループ長は松崎一葉教授(写真)。患者さんを治療する臨床医学的な視点だけではなく、未然に予防する方策を社会に提案し続けている。特種な過酷条件下で働く宇宙飛行士の精神心理面での支援も行っている。松崎教授の近著に『会社で心を病むということ』(東洋経済新報社)、『もし部下がうつになったら』(ディスカバー携書)。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中