2019年 11月 16日 (土)

欧米にもある通勤地獄 「超長距離通勤者」の実態

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「通勤地獄」という言葉がある。サラリーマンがラッシュに耐えながら何十年にもわたって長時間の通勤時間を過ごすことは、実に厳しいものがある。

   これを日本の特殊事情だと思っている向きも多いようだが、そんなことはない。「仕事は大都市、住むのは郊外」というのは先進国共通の生活スタイルである。仕事をするには大都市に出ていかないとならないが、大都市の家は高価だし住環境にも問題がある。そこで多くのビジネスマンが、通勤に時間をかけることを余儀なくされる。

>>グローバル時代に生きる道・記事一覧

毎日往復600キロ近く運転するツワモノも

朝4時半に自宅を出発し7時45分にオフィスに着く
朝4時半に自宅を出発し7時45分にオフィスに着く

   英語に「エクストリーム・コミューター(extreme commuter、超長距離通勤者)」という言葉がある。これは米国勢調査局が正式に命名した用語で、通勤に片道90分以上かけている人々のことを指す。全米で340万人が、この超長距離通勤者の範疇に属しているという。

   2006年、自動車修理のマイダス・マフラー社は「アメリカで最も長い距離を通勤している人」を選ぶコンテストを行った。数千人がエントリーした中で優勝したのは、カリフォルニア州マリポザに住むデビッド・ギヴンズ氏だった。

   彼はサンノゼのシスコ社まで、毎日往復372マイル、599キロもの道のりを運転している。片道およそ300キロ。これは例えば日本海に面した新潟県上越市から都心まで往復するのと同等の距離だ。ギヴンズ氏は毎朝4時半に自宅を出発し、7時45分にオフィスに着く。帰りは午後5時にオフィスを出て、道の混雑具合によるが平均8時半頃に家に戻る。

   アメリカには、ギヴンズ氏と大差ない長時間通勤をしているビジネスマンが数多く存在している。ペンシルバニア州マウント・ポノコから毎朝5時にバスに乗りこみ、2時間揺られてニューヨークのマンハッタンに通う42人の「同志」がいるという。誰かが「卒業」するときは、周りから嫉妬の嵐を受けるそうだ。

   ヨーロッパにもエクストリーム・コミューターがいるが、こちらでは国境を越えて通勤する人が多くなる。ユーロスター(英仏海峡トンネルを通る高速列車)を320キロ以上乗る客の約半数は、フランスからロンドンに通勤する人だそうだ。このためフランスの大統領選では、ロンドンで選挙演説が行われるほど。

   不動産業のアンディ・ヴォーン氏はイギリスのウィンチェスターに住むが、オフィスはオランダのアムステルダムにある。彼は週20時間ほどを通勤に費やしている。月曜朝に出勤し火曜夜に帰宅。水曜に出勤し木曜夜に帰宅。その間にヨーロッパ各都市への出張が入る。

小田切尚登
経済アナリスト。明治大学グローバル研究大学院兼任講師。バンク・オブ・アメリカ、BNPパリバ等の外資系金融機関で株式アナリスト、投資銀行部門などを歴任した。近著に『欧米沈没』(マイナビ新書)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
小田切尚登:欧米沈没 (マイナビ新書)
小田切尚登:欧米沈没 (マイナビ新書)
  • 発売元: マイナビ
  • 価格: ¥ 872
  • 発売日: 2012/03/23
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中