シャツの裾はパンツイン ユニクロ「スーパークールビズ」提案

印刷

   節電の夏、職場においても軽装が奨励されているが、どこまで崩してよいのか分からないという声も聞かれる。

   そんな中、ユニクロが「ファッションを楽しみながら、積極的に節電に協力できる」という「スーパークールビズ」を提案している。

ポロシャツ、Tシャツ勤務広まる?

ユニクロが提案する8つのクールビズ。パンツインや「裸足に革靴」も見られる
ユニクロが提案する8つのクールビズ。パンツインや「裸足に革靴」も見られる

   ユニクロは、400人の働く男女にアンケートを実施。「涼しさ(82%)」に加え、「体臭がしない(48%)」「キチンと見える(43%)」ことが重視されているのを参考に、8つのスタイルを打ち出している。

   ポロシャツやTシャツに通気性のよいジャケットを羽織ったものから、ハーフパンツに裸足でスニーカーを履いたものまで、さまざま。

   全体的に、形はカジュアルでも落ち着いた色を使ったり、ジャケットと組み合わせるなど、ラフな印象を与えないような工夫がなされている。

   シャツの裾をパンツの外に出すべきか、という議論もあるが、ユニクロではパンツインすることで「ラフになりすぎず、すっきりとした印象にすることができます」としている。

   現状では、会社のドレスコードでポロシャツやTシャツでの勤務を禁止しているところも少なくないが、これから暑さが本格化する中で「ユニクロのスーパークールビズまではOK」という基準も広まるかもしれない。

職場でポロシャツの裾をパンツイン、どう思う?
だらしなくないのでOK
カッコ悪いのでNG
着る人による
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中