面接で「作り笑顔」ができない! 不採用になってしまうのか

印刷

   厳しい就活戦線を反映してか、学生の就職活動を支援するサービスが花盛り。セミナーにサークル、書籍に個人教授などに色々な人が参入し、色んなことを言っています。学生さんたちは、惑わされ気味なところもあるのでは。

   Q&AサイトのOKWaveに、こんな相談が載っていました。質問者のdaikoku002さんは、就職活動中。「面接では笑顔が大事」とよく言われるものの、どうしても不自然な、こわばった笑顔しか作れません。

同じスキルなら「愛想の悪い人」を落とす?

「目を見て話し、聞く」のも効果的らしい
「目を見て話し、聞く」のも効果的らしい

   きっと、「まずは笑顔で明るくあいさつ!」と書かれた対策本を読んだのでしょう。しかし質問者さんは、もともと表情を顔に出すのが苦手。「まったく笑顔がないまま面接の受け答えをする人って、不採用になってしまうのでしょうか?」と不安を募らせています。

   これには、面接には笑顔で臨むのが当然、という人たちから回答が寄せられています。

「なんで笑顔が作れないんですか? バイトしたことないでしょ? そもそも小学生でも出来るようなことを何でできないの? 笑顔は笑えばできるわけ。それは感情といって、心でするものなのさ」(RKwarawaraさん)

   しかし、面接の場が楽しくてたまらない、なんて人はいないでしょう。「心でするもの」といっても、みんな本当は意識して作っているに違いありません。質問者さんは、ウソがつけない人ではないでしょうか。

   一方で、笑顔が作り物だと認めた上で、仕事をする上でのスキル、テクニックのひとつだから、無理にでもできなくちゃダメという人たちもいました。

「大抵の仕事って、広い意味での“客商売”なんですよね。同じスキルを持つ2人。会話していて愛想の良い人と悪い人。そりゃ結果は明白」(dolcedishさん)
「質問者さんは、口の中がネバネバの状態と、歯磨きして爽やかな状態とどちらがよいですか? 例えは悪いですがそれと同じです」(wanhimeさん)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中