2020年 9月 21日 (月)

年賀状の返事くれない後輩に激怒 「もう仕事のフォローしない」

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   シチズン時計が全国の男女約4000人に、年賀状の制作にかけた日数を聞いたところ、「3日以上」と答えた人が14.4%いたという。「1日以上3日未満」も15.9%おり、新年のあいさつには意外と多くの時間と手間がかかっているようだ。

   Q&AサイトのOKWaveには、「年賀状を出さない後輩」に腹を立てる男性の相談が掲載されている。質問者のkeiji1123さんは、同僚全員に元日に届くように年賀状を発送している。同僚からも同じように送られてくるが、ある後輩のものだけが届いていないという。

「年末に休んで迷惑かけたのに。礼儀知らずだ」

たかが年賀はがき、されど年賀はがき
たかが年賀はがき、されど年賀はがき

   元日に到着しないばかりか、こちらから送っているのに返事も寄こさない。後輩に尋ねると、前年までは「出しているはずなんですけど」と言い訳をしていたが、今年は「プリンターの調子が悪く、一部にしか出していません」と言われてしまったという。

   この「一部」に自分が含まれていなかったことも、質問者を刺激しているらしい。

   この後輩は年末の忙しいときに、体調不良を理由に会社を3日間休んでおり、その影響が質問者にも及んでいた。それなのに「去年はお世話になりました」と送ったあいさつを、迷惑をかけた側が無視するのはどういうことなのか。

   この相談には、年賀状が来ない程度で腹を立てるのはおかしい、と諌める人がいた。Iwankfさんは、新年のあいさつは自己満足ですることであり、相手に見返りを求めるものではないという意見だ。また、後輩が「年末に休んで迷惑をかけた」という点についても、

「あなたは後輩と同等なのでしょうか?体調不良の後輩の分をカバーするのは、職場が組織として機能しているという証拠であり、当然だと思います」

と指摘している。

   しかし質問者は、「(仕事の)担当はあくまでも後輩です。理由はどうあれ人に迷惑をかけてる事実に変わりはない」「迷惑をかけた相手からあいさつ状がきたのに、それを無視するのはあまりにも礼儀知らず」と反論をしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中