2019年 12月 14日 (土)

おじさん、合コンはキャバクラじゃないんですよ!

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・渋谷に勤務する26歳OLのAさん。同僚たちと会社近くの居酒屋で食事をしていると、後ろから男子グループの会話が聞こえてきました。振り返ると、入社2~3年目くらいの若いサラリーマンが4人。合コンした後に、「女の子から会費をいくらもらうか」と相談していたのだそうです。

   嵐の二宮君に似たリーダー格の男の子が「割り勘だと3000円だけど、俺たち4000円で女の子は2000円でいいかな」と言うと、もうひとりが「いや、女の子は1000円でいいだろ」と意見しました。すると、もうひとりが「1000円なら、もらわなくてもいいんじゃね?」とツッコミを入れて、4人で大笑いをしていたとか。

接待させて「会費4000円」って、どういうこと?

まじめな出会いを求めているのに…
まじめな出会いを求めているのに…

   でも、まだまだ給料も少ない彼らのこと。最終的には女の子から2000円ずつ徴収することに。その様子を見たAさんは「ああ、男の子たちっていろいろ考えてくれてるんだなあ」と微笑ましい気分になったと言っていました。

   しかし、こんなかわいい男性たちとの合コンばかりとは限りません。28歳の女性フリーランスBさんは先日、散々な目に遭ったそうです。同世代の女友だちから「高校の同級生に合コン誘われたんだけど、付き合ってくれない?」と頼まれたときのこと。

   行ってみると20代は同級生ひとりだけで、あとは30代後半と40代のおじさんばかり。ひとりはなんと既婚者でした。オドロキを愛想笑いで隠したものの、とても恋愛対象とは思えず、恋バナもできない。

   世代が違うので話題も合わず、いつしか「接待」の場に。おじさんたちの昔話や自慢話への相づちを打ちながら、空いたグラスにお酒を注ぎ、おしぼりをもらいと、まるでホステス扱いです。

「なのに会費は4000円払えだって。いまどき合コンで女性4000円って、ありえなくない? 何でおじさん接待して、こっちが払わなきゃならないのよ。それだけあったら友だちとおいしいもの食べた方がずっとマシじゃない!」

   IT企業に勤める40代半ばのCさんにその話をすると、「そういうオヤジ、いるいる!」と大爆笑。どうやら会社の接待費が使えず、お小遣いも少ないおじさんの中に、合コンを「キャバクラ代わり」にする人たちがいるというのです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中